読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月上旬:住田町に関する記事

▽2017年(平成29年)1月上旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2017年1月中旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2017/01/11/000000
▼2016年12月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2016/12/21/000000

 

2017年1月10日(火)

 

▼Web東海新報|生命・財産守る使命胸に、陸前高田と住田で消防出初式(動画あり)〔2017年01月10日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/01/10/144721/

 

▼木造一戸建て仮設住宅人気 払い下げ応募97件〔2017年01月10日〕 | 河北新報オンラインニュース http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170110_33030.html
▽「岩手県住田町東日本大震災の被災者向けに整備し、再利用することになった木造一戸建て仮設住宅が高い人気を博した。退去が完了した火石地区の全13戸の払い下げに、7倍超の応募があった。町は予想以上の反応に驚いている。/ 町によると、昨年〔2016年〕10月中旬に始めた約2週間の募集に、宮城県や千葉県などを含めて76の個人・法人から計97件の申し込みがあった。町は(1)町民や町内事業者 (2)住まいが必要な震災被災者-の順で計10戸分を決定。残りは応募者の中から、住居として利用する人に限定して抽選した。/ 地元のスギ材を活用した仮設住宅の間取りは2DK(約30平方メートル)。エアコン、風呂、トイレ、キッチン、太陽熱温水器、物置などが付いて価格は3万円と格安だが、解体や運搬、移設費用は自己負担となる。/ 自分の土地に移築し、当面の住まいにするという被災者の男性(42)は「災害公営住宅で家賃を払うより安い。一戸建てでプライバシーも守れる」と話す。/ 震災直後、町は独自に木造仮設住宅の整備を決め、町内3カ所に計93戸を建てた。外構を含めた1戸当たりの整備費は350万円。2014年から原則、退去者が希望すれば譲渡していたが、今回は道路改良工事に伴って全面撤去する必要があり、初めて公募した。/ 町は整備する段階で、再利用を想定していなかった。福島県内には、それを見込んで解体や運搬しやすくした木造仮設住宅もあるという。/ 町建設課の担当者は「災害への備えとして、再利用を考えておくべきだと感じた。今回の経験を通じ、知見を得たい」と話した。」「2017年01月10日火曜日」

▽参考:
岩手県住田町の試み:被災者のための木造仮設住宅建設プロジェクト(2011年3月) - Togetterまとめ https://togetter.com/li/116610

 

▼H29・30指名競争入札参加資格申請(建設工事)受付〔2017年1月10日〕 | 住田町 http://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2016110400010/

 

▼住民交流拠点施設 まちや世田米駅〔2017/01/10〕 https://www.facebook.com/machiyasetamaieki/photos/a.221416394895756.1073741829.199170737120322/363025420734852/?type=3&theater
▽「【ついに待望の“SUMITA Farmer's Bar”サラダバーが出現!】 〜美味しい野菜に囲まれて、至福のランチタイムをどうぞ♪〜 美味しい野菜に恵まれた住田の地、もっとこの美味しい野菜達を子供から高齢者の方まで、気軽に味わってほしい! ずっとそう感じておりました。地元の美味しい野菜が地元に流通しない、よくある現実です・・・(・・;) 住田野菜の魅力を最大限引き出して、皆さんに伝えられる方法はサラダバーしかない! 安っぽいチェーン店のモノとは違い、クオリティーにはこだわりますよ。食材費は心配ですが、まずは皆様に喜んでいただきます(笑) 今週木曜ランチからスタートです♪」

 

里山ライフデザイン研究所〔2017/01/10〕 https://www.facebook.com/satoyama.life.design/posts/1866549063577480
▽「■住田町の食/ 西暦1923年(大正12年)頃までは、周囲一面桑畑で、飯米は他村から求めていた。桑畑が田に変わって米が作られるようになっても、他の地方から多量に移入された。常食には主に稗・大麦・小麦・そば・きび・粟などが用いられた。普通の家では米2・麦6・稗2の飯が炊かれていた。この飯を「三穀めし」という。また、出盛りの時にはカボチャ・馬鈴薯を入れるところもあった。このほか、米8・麦2の割合のものや、「粟めし」といって米と粟を混ぜたものを食べた。」

 

rarp: ショーネッドさんから新年のメッセージ〔2017年1月10日〕 http://rarp2014.blogspot.jp/2017/01/2017-84-2-new-year-2017-gongen-sama.html
▽「明けましておめでとうございます。/ことしも陸前高田アーティスト・イン・レジデンスプログラムをどうぞよろしくお願い致します。/ 今年〔2017年〕はアーティストの一人であるショーネッド・ヒューズ〔Sioned Huws〕さんが、住田町で年を越し、元旦〔1月1日〕には部落の権現様という踊りに参加しました。ショーネッドさんから直接権現様の感想をいただいていますので、是非ご紹介したいと思います。」
▽「■2017年、新年/権現様/東峰神社と白山神社/ 元旦の午前8時から午後4時まで、その年の厄払いと繁栄をもたらすために、権現様という二つの神社の山の神様が、部落のそれぞれの家の前に訪れて踊ります。/私がここ住田町で過ごす時間の多くは、人々がこの地域を気にかけ、並ならない努力をしていることに驚き、関心しています。それぞれが作っている野菜やお米などを分け合ったり、私が散歩に出かけて帰ってくるときには、両腕にいっぱいの野菜や果物を抱えて戻ってきたり、時には郵便箱にキャベツが入っている時もあります。権現様のような機会には、地域がどのように成り立っているのか、人々のその膨大な努力を理解を私にもたらし、踊りが持っている人々を結束するための、その喜びの力を感じることができます。/今年〔2017年〕はここで正月を過ごすのは2年目で、今年は1度か2度ほど私も踊らせてもらい、昨年より多い子供たちが参加し、笛や太鼓で踊っていたことにとても印象的でした。彼らは踊りを鼓舞するために、このような歌を歌います。/ 「ががにん、ががにん、ががにこにん」/「おいおいおいおさがさ、おいおいさがさ」/ 私にはこの言葉が意味を持っているのかどうか定かではありません。私の若い友人は、彼のまた違う友人の小さな息子を抱えて踊ったりしていて、これは次の世代へと、活力のある生活のあり方を伝えていくためのよい方法ではないでしょうか。権現様はまた、住田町の木造の仮設住宅の前でも踊られ、それらにはたいてい年配の方々が住んでいて、彼らに外の通りへと出てくるようにと誘います。みなさんは新しい家を建てるのを、震災以後、未だに6年間も待っています。また権現様は、ローソンや、パチンコ屋でも踊り、人々に等しく幸いが訪れることを祈ります。/時々私に笛を吹いてくれるある友人は、今ではその笛のわずかな音程や言葉の違いから、住田町のどこの地域から受け継がれてきたか、判断できるようになったといいます。この小さな地域も大きな世界です。/踊りが生活の一部として生きているこの場所は、私をはじめ、新しい友人や、アーティストを受け入れてくれる場所だと思います。毎日がアドベンチャーです。/ ショーネッド・ヒューズ」
▽「■New year Message from Sioned Huws/ Happy new year everyone, we wish 2017 is wonderful year for all. Continued to last year Huws has stayed in Sumita town at the moment changing to new year. On 1st day the small community in there is welcomed with celebration dance by themselves called Gongen-sama. Huws wrote an essay for it, please have a look and enjoy it./ New Year 2017/Gongen Sama - Lion Dance 1st January./Azumane - East Peak Shrine and Hakusan - White Mountain Shrine. Sumita Town Gongen 'mountain spirit' on the 1st of January from 08:00 to 16:00 danced in front of each home in a promise of protection and prosperity from Azumane Jinja to Hakusan Jinja all the way down through Sumita Town./The more time I spend here in Sumita Town the more I’m impressed and touched by the incredible effort and care of the community, how I’ve been welcomed here and taken care of in so many different ways; the immense generosity of neighbours sharing their produce, home grown vegetables and rice; when I go out walking I return with arms full of fresh vegetables and fruits, sometimes finding a cabbage in my post box. leading me to a closer understanding of cultural forms such as Gngen Sama, danced once a year , it’s importance in reviving peoples spirit to care, to wish good health and good fortune in the year to come, with such tremendous effort, joy and sheer pleasure in the power of dance to bring people together./ This my second New Year with Gongen Sama (mountain spirit), this time I danced once or twice, I’m even more impressed, more young people, teenagers and children boys and girls dancing, playing the drum and flute, calling out words or are they onomatopoeic sounds of encouragement as they dance outside each home./ “Gaga nin gaga nin gaga nico nin”/“oi ioi ioi io saga sa oioi saga sa”/ I’m not sure if they contain a meaning./ A young man carries his friends young son in his arms while he dances, bouncing and leaping from one foot to another, isn’t this the best way to pass on to the next generation, from a young age immersed in a vibrant cultural way of life. Gongen danced outside the lodging home for the elderly, those living alone, calling them out to the street, at the temporary housing where families are still living six year after the earthquake and tsunami of 2011 waiting to be re-housed, outside and inside LAWSON convenience store which generates an income for some local people, Gongen even dance inside the Pachinko Hall, wishing the best for all persons equally, isn’t this what a true community is, the spirit of Gongen Sama – Lion Dance an energetic dance wishing protection and prosperity for all equally./ One person who has been playing the flute for some time now told me how the intonation of words and slight pitch of sound differs from one small area to another, how he can recognise immediately by the sound and pitch which area of Sumita each Gongen Sama comes from, within this one small locality there is a huge world./ I thank this community for welcoming friends, many dancers, artists and me into this beautiful locality where dance continues to be a way of life, each day a new adventure./ Sioned Huws」

 

▼濱口〔2017/01/10〕 https://www.facebook.com/permalink.php?id=100000038740121&story_fbid=1411138378897440
▽「みなさんご存知だと思いますが、陸前高田の小学校は、まだ冬休みです。今回結婚された紺野〔あさ美〕アナ〔アナウンサー。テレビ東京所属〕は、陸前高田の隣町、住田町にご親戚がおられます。陸前高田津波をかぶっていない小・中学校の運動場には、まだ仮設住宅が建っています。陸前高田の新中心市街地には、まだ完成した建物はありません。」

▽参考:
▼ご報告〔2017.01.10〕 | 紺野 あさ美 | Announcer Park(アナウンサーパーク) | テレビ東京 http://ablog.tv-tokyo.co.jp/konnoasami/2017/01/post-250.html
紺野あさ美 (テレビ東京アナウンサー)さんのツイート: "お世話になっている皆さま 私事で恐縮ではございますが、 1月1日に入籍しましたことを ご報告させて頂きます。 https://t.co/ECaEZRLUJr"〔2017年1月10日〕 https://twitter.com/asami_k0507/status/818737219204546562

紺野あさ美 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%BA%E9%87%8E%E3%81%82%E3%81%95%E7%BE%8E

 

2017年1月9日(月・祝)

 

2017年1月8日(日)

 

▼Web東海新報|7月15・16日に開催、8回目のケセンロックフェス/種山ヶ原で〔2017年1月8日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/01/08/144588/
▽「センロックフェスティバル(KRF)実行委員会(村上健也委員長)は〔1月〕7日、野外音楽イベント・KRFを〔2017年〕7月15(土)16(日)の両日、住田町種山ヶ原イベント広場で開催すると発表した。合わせて、TILITILIとthe band apartの出演も決定。8回目となるイベントの詳細は随時、ホームページなどで発信する。」
▽「KRFは、国内外で活躍する著名なバンド、アーティストらが出演する音楽の祭典。平成20年〔2008年〕に大船渡市で開いた「OFUNATO ROCK  FESTIVAL」を前身とし、翌21年〔2009年〕に種山で初開催。東日本大震災が発生した23年〔2011年〕は断念したものの、24年〔2012年〕に復活後は毎年実施している。/ 地域の若者が手づくりでイベントを築きあげ、ひたむきな頑張りや気仙の復興を後押ししようと人気アーティストが集結するロックフェスとして定着。昨年〔2016年〕は7月16、17の両日に行われ、2日間で約5000人を動員した。/ 今年〔2017年〕も、2日間開催が決定。初回から出演を続け運営面でもバックアップするthe band apartや地元バンド・TILITILIなど、数々のアーティストが出演し、音楽を中心とした多彩なステージを繰り広げる。/ 種山の自然を楽しみに訪れる家族やグループも多く、会場にはテントがズラリと並ぶ。気仙地域の物産や飲食店などのブース開設など、地域の魅力発信にも期待が集まる。/ 村上委員長(48)は「今年は(大船渡市のライブハウスでKRFスタッフ、出演者ともかかわりが深い)フリークスの本設元年。勢いをつけるためにも、KRFもどんどん発信したい。学割をはじめ地元住民への発信にも力を入れるほか、長くイベントを続けるためにも次世代を担うスタッフも育てたい」と語る。今月下旬以降、KRFの公式ホームページで詳細を発信することにしている。」「▲ 今年〔2017年〕も2日間開催は決まったケセンロックフェスティバル(写真は昨年の様子)」「平成29年1月8日付 3面」

▽参考:
▼(公式サイト)KESEN ROCK FESTIVAL http://kesenrockfes.com/
▼(Facebook)KESEN ROCK FESTIVAL https://www.facebook.com/kesenrockfes
▼(Twitter)KESEN ROCK FES 公式(@KESEN_ROCK_FES)さん | Twitter https://twitter.com/kesen_rock_fes

 

▼28年度活動報告/住田町座談会〔2017年1月8日〕 | 衆議院議員はしもとひでのり(自由民主党岩手県第3区) http://hashimoto-hidenori.com/2017/01/%E4%BD%8F%E7%94%B0%E7%94%BA%E5%BA%A7%E8%AB%87%E4%BC%9A/

 

2017年1月7日(土)

 

▼Web東海新報|国の給与水準下回る、3市町のラスパイレス指数/気仙 https://tohkaishimpo.com/2017/01/07/144472/

 

▼選挙:住田町長選/神田氏出馬表明〔2017年1月7日〕 /岩手 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20170107/ddl/k03/010/045000c
▽「任期満了(〔2017年〕8月4日)に伴う住田町長選で、新人で会社役員の神田謙一氏(57)が無所属で立候補する意向を表明した。/ 神田氏は「医、食、住」をスローガンに掲げ、「まずは疲弊している医療、介護を立て直したい」と述べた。また、「人口減少を食い止めるためにも、若い人が地元回帰できる環境を作りたい」と話した。/ 同町長選を巡っては、現職の多田欣一町長が4期で勇退する考えを示しており、出馬表明は神田氏が初めて。【野崎勲】」「毎日新聞2017年1月7日 地方版」

 

▼学校給食、雫石の七ツ森小が県最高賞/かみ応え意識〔2017/01/07〕|岩手日報 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170107_6
▽「〔岩手〕県学校給食会(侘美淳会長)は〔1月〕6日、盛岡市流通センター北の同会で2016年度学校給食調理コンクールを開き、雫石町の七ツ森小が最高賞の県教育長賞に輝いた。肥満予防などを意識してよくかんで食べる食材を選び、子どもたちに実践力を身に付けさせる給食が評価された。/ 学校や給食センターなど7団体が参加。▽生きた教材として活用できる ▽地場産物を取り入れる ▽よくかむ習慣をつくる工夫がある -などの観点で審査した。/ 同校チームは、大豆やアーモンドなど食感の楽しい「かつおと大豆のかみかみ揚げ」や食べ応えのある「切り干し大根和(あ)え」、同町産野菜をふんだんに使った「ふるさと汁」を調理。担任らへの聞き取りからよくかんで食べることが十分にできていないと考え、メニューに反映させた。/ 他の成績は次の通り。/ ▽県学校給食会長賞 住田町学校給食センター ▽県学校給食研究会長賞 米内小 ▽県学校給食センター協議会長賞 仁王小 花巻清風支援学校 水沢南小 真滝学校給食センター/ 【写真=かみ応えを意識した七ツ森小の給食】/ (2017/01/07)」

 

2017年1月6日(金)

 

▼Web東海新報|どう動く異例の長期戦、新リーダーは誰に/住田町長選〔2017年1月6日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/01/06/144347/

 

▼すみっこの部屋〔2017/01/06〕 https://www.facebook.com/sumita.character/photos/a.219510328210265.1073741829.219259521568679/668124400015520/?type=3&theater¬if_t=notify_me_page¬if_id=1483662549681797
▽「新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いするでがんす<(_ _)> さて、今年も東京の銀座さオラ上京するぞ。いわて銀河プラザで開催される三陸・けせん観光物産フェアさ呼ばれだもんだ。1月12日(木)〜14日(土)10:30〜19:00の間に銀河プラザでぱやぱやっているがら、みんな来てケロや! 何時ごろに居る?? オラおばけだもんで神出鬼没だ!(笑) ここだけの話、ゆめちゃん先輩も来てけるず話だぞ! お楽しみにな!(・ω・)/ 」

▽参考:
→▼【関東】〔大船渡陸前高田・住田〕沿岸の味覚満載♪三陸・けせん観光物産フェア〔2016.12.28〕 | イーハトーブログ http://plaza.rakuten.co.jp/machi03iwate/diary/201612280000/

 

▼【東京都・銀座】 「いわて三陸☆けせん観光物産フェア」開催中! (1/12〜14)〔2017.1.6〕 | 純情交流ひろば | いわて食財倶楽部 http://iwate-syokuzaiclub.com/junjou/page.php?n=1111
▽「大船渡市・陸前高田市住田町の特産品が東京・銀座で販売中です! 体験コーナーでは、早どりわかめのしゃぶしゃぶを、見て参加して味わうことができますよ♪/ ☆開催日:平成29年〔2017年〕1月12日(木)〜14日(土)/ ☆時間:10:30〜19:00(最終日は16:00まで)/ ☆場所:いわて銀河プラザ/ 東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビル1階(電話:03-3524-8315)/ ☆お問い合わせ:陸前高田市観光物産協会(電話:0192-54-5011)/ ★詳細はこちら↓ https://takanavi.org/archives/4968

 

▼そらうみ法律事務所 菅野浩平弁護士のご紹介〔2017.01.06〕 | そらうみ法律事務所ブログ http://soraumi-law.jugem.jp/?eid=30

▼弁護士紹介 菅野浩平 | そらうみ法律事務所(東京都) http://soraumi-law.com/lawyers/kanno.html

 

▼●03441 気仙郡住田町 日本山車論〔2017/1/6〕 ( その他人文科学 ) - 日本の山車 http://blogs.yahoo.co.jp/ypjcd447/64818569.html
▼●03441 気仙郡住田町 日本山車論〔2017年01月06日〕 - 暘州通信 http://blog.goo.ne.jp/ypjcd447/e/e42a9246178e8e833b1a887777f755d9
▽●03441 気仙郡住田町 日本山車論/ □総論/ □山車各論/ ◆05955 猪川天照御祖神社祭〔※「天照御祖神社祭」の誤り。〕/ □社号: 猪川天照御祖神社〔※世田米「天照御祖神社」の誤り。猪川天照御祖神社は大船渡市に所在〕/ □鎮座地: 岩手県気仙郡住田町〔世田米〕/ □祭神: アマテラスオオミカミ 天照皇太神/ クマダイゴンゲン 熊大権現/ テンマンダイジザイテンジン 天満大自在天神/ 明治期に八坂神社が合祀されている。/ □祭は五月上旬。/ □山車: 山車 ・上組/ ・下組/ ・中沢/ ・東峰(あずまね)/ (順不同)/ □汎論: 猪川天照御祖神社〔※「天照御祖神社」の誤り〕の創祀は、和山*1の祠を寛政年間(一七八九-一八〇〇)に遷座したと伝わる。大祭は三年に一度齋行される。/ □参考 〔※略〕/ □関連事項: ◆光勝寺/ ◆玉泉寺/ ◆熊野山常光寺廃寺/ ◆桧山阿弥陀堂/ ◆万禄山大泉寺廃寺/ ◆下在大名行列/ ◆大平大念仏剣舞/ ◆外舘鹿踊/ ◆大股神楽/ ◆月山鹿踊/ ◆栗木鉄山跡/ ◆気仙大工 松田大五郎/ ◆満蔵寺山門/ □山: ・五葉山/ ・愛染山/ ・高森山/ ・種山ヶ原(物見山)/ ・大鉢森山/ ・生出山/ ・太平山/ ・高清水山/ ・貞任山/ □問い合わせ先: 住田町役場 〔※略〕」

▽参考:
▼天照御祖神社|岩手県の町並みと歴史建築 http://www.iwatabi.net/morioka/sumida/ama.html

 

2017年1月5日(木)

 

▼Web東海新報|「医・食・住をベースに」、神田氏が町長選出馬へ決意/住田町〔2017年1月5日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/01/05/144224/
▽「〔2017年〕8月4日の任期満了に伴う住田町長選に出馬意思を固めた会社役員・神田謙一氏(57)=下有住=は先月〔2016年12月〕30日、正式に立候補を表明した。記者会見を開いた神田氏は「住民目線を大切に『医・食・住』をベースに取り組みたい」と強調。今月中〔1月中〕の後援会発足を目指す動きも示した。」
▽「記者会見は、世田米の松嶋家で行われた。神田氏のほか、おじで町顧問の紺野哲男氏(84)、住田フーズ(株)ブロイラー生産部会の元部会長・泉金一氏(77)、元町議で公私にわたり親交があるという佐藤啓一氏(79)と鈴木正巳氏(76)、神田氏の近隣に住む吉田次男氏(66)が出席した。/ 神田氏は、これまで地域の役に立つ人材になりたいと獣医師として畜産業にかかわってきた中、数年前から「将来町長を目指してくれ」との声を複数受けていたものの、現在の業務に専念するために断ってきたという。4期目現職の多田欣一町長(71)が先月に勇退を表明したあと、自問自答を繰り返したと明かした。/ そのうえで「誰かがやらなければとの思いや住田を愛していること、人として育てられた地域への思いが大きくなり、決意に至った」と説明。選挙戦は無所属で臨み、政党に公認・推薦も求めない方針。会見出席者を発起人的な位置づけとし、地元・下有住地区などの広がりから後援会組織の充実を図る考えも示した。/ 現状における町政の最重要課題の一つとして挙げたのは、人口対策。「人口が少なければ、いろいろなところで弊害が出てくる。こうすれば増えるというような施策はなかなか見つからない。いろいろ模索していくしかないだろう」と見据えた。/ 決意で掲げた「医・食・住」の方向性として、「医」では高齢化社会に対応した医療のあり方、「食」は農業・畜産施策、「住」は環境や自然、防災面の充実に意欲を見せた。多田町政が力を入れている「森林・林業」については「私自身あまり分かっていない部分もあるが、教育分野の『森の案内人』も含めたトータル的なものとして展開していくべきものと思っている。良いところは引き継ぎ、見直すところは見直したい」と述べた。/ 神田氏は多田〔欣一〕氏後援会には入っておらず、自身の出馬は「後継とはとらえていない」という。多田氏については「町政振興に向け、一生懸命取り組んでくださった方」「大変で、体力的にはきついとの話は(多田氏から)聞いたことはあった」と語った。」
▽「下有住出身の神田〔謙一〕氏は、昭和52年〔1977年〕住田高校卒業。59年〔1984年〕に日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科修士課程を卒業後、同年から住田町農協家畜診療所で勤務。合併に伴う陸前高田市農協勤務を経て平成19年〔2007年〕に住田フーズ(株)に転籍し、24年〔2012年〕から常務取締役を務めている。/ 20年〔2008年〕10月に就任した町教育委員は現在3期目。会見では常務職は今年〔2017年〕6月の株主総会まで、教育委員も当面続ける意向を示した。/ 住田町長選は7月中の告示・投票の日程が想定される。正式に出馬を表明したのは神田氏が1人目で、当面は選挙初挑戦となる同氏支持の広がりや、他候補擁立の動きがどう進むかが注目される。」「▲ 記者会見に臨んだ神田氏(左)=世田米」「平成29年1月5日付 2面」

▽参考:
▼(Facebook)神田 謙一 https://www.facebook.com/profile.php?id=100007318212102

→▼Web東海新報|神田氏(下有住、会社役員)が出馬へ、新人では初の起意表明/来夏の住田町長選〔2016年12月30日〕 https://tohkaishimpo.com/2016/12/30/143734/

▼会社概要 | 住田フーズ http://www.ja-zcf.co.jp/sumita/corp/profile.html

▼第99回 技術ゼミナールレポート〔2014.08.26〕 | 株式会社日本チャンキー https://www.chunky.co.jp/assoc/seminar/%E7%AC%AC99%E5%9B%9E-%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB/
▼第100回技術ゼミナールレポート〔2015.04.24〕 | 株式会社日本チャンキー https://www.chunky.co.jp/assoc/seminar/%E7%AC%AC100%E5%9B%9E%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/0

▼PDF:高病原性鳥インフルエンザの発生を防止するために(社団法人全国家畜畜産物衛生指導協会)〔2007年10月〕 - 日本食鳥協会 http://www.j-chicken.jp/kakin/pdf/H19tori-hasseibousi.pdf
▼ブロイラーにおける生菌・消化酵素入り混合飼料給与による効果試験(「畜産の研究」58-2)〔2004年02月01日〕 | 文献情報 | J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902215279412123

→▼「町民目線」の推進委始動、総合計画・人口ビジョン・総合戦略/住田町〔2015年5月31日〕|東海新報 https://tohkaishimpo.com/2015/05/31/32255/
▼燃料化、県内で活発/家畜排せつ物/岩手〔2005/11/28〕(岩手日報)|freeml byGMO http://www.freeml.com/biomass/3285

 

2017年1月4日(水)

 

Facebook:第4回水しぎっぺコンテスト〔2017/01/04〕 https://www.facebook.com/events/362602140769324/permalink/362602847435920/
▽「今年のポスター〔「第4回水しぎっぺコンテスト」〕もできました!今年は平日ですが、水しぎっぺは今年〔2017年〕も1/24に現れます。ぜひコンテスト見に来てください! 水しぎっぺになりたい方はポスターの連絡先までご連絡ください。」

▽参考:
Facebookイベント:第4回水しぎっぺコンテスト〔2017年1月24日開催〕 https://www.facebook.com/events/362602140769324
▼第4回水しぎっぺコンテスト〔2017年1月24日開催〕 evento https://br.eventeri.com/g/4-evento/8930884

→▼岩手県 - 水しぎ(水祝儀)〔2016年12月1日:2017年1月24日開催〕 http://www.pref.iwate.jp/event/moyooshi/051299.html

▼〔動画:〕第1回水しぎっぺコンテスト2014年1月24日(岩手県住田町世田米地区) - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=wMnryDb7KWY

 

▼今年もよろしくお願いいたします(*^o^*)|マツエクとまつげパーマの出来るエステ Kサロンの スタッフブログ http://ameblo.jp/keisalon/entry-12237955058.html

 

2017年1月3日(火)

 

2017年1月2日(月)

 

▼TAKESHI ABEさんのツイート: "2017住田町 大股神楽のにわかり: https://t.co/FSsP33dnsI、@YouTube がアップロード" https://twitter.com/okuderazeki/status/815853039336747008

▼〔動画:〕2017住田町 大股神楽のにわかり〔2017/01/01撮影:2017/01/02公開〕 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=EHdRDmdvHfQ
▽〔字幕より:〕「大股神楽春祈祷(にわかり)/2017年1月1日」

 

2017年1月1日(日・祝)

 

▼カジノ解禁法に4地方議会が意見書/「国民の理解ない」〔2017年1月1日〕:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJDX52GJJDXUTIL026.html
▽「カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す「カジノ解禁法」〔統合型リゾート整備推進法案〕について、地方議会から廃止や慎重な制度設計を求める意見書が出ている。成立前も含めると、岩手県三重県岩手県住田町、長野県伊那市の少なくとも4議会が「国民の理解が得られていない」などと指摘した。/ カジノ解禁法は〔2016年〕12月15日、自民、日本維新の会などの賛成多数で成立した。/ 長野県伊那市議会は翌16日、IRの整備に慎重な措置を求める意見書を可決した。カジノ解禁法について「国会が混乱する中で成立した。このような事態は大変残念」とし、ギャンブル依存症の増加への懸念や法案審議の短さなどを指摘。慎重な制度設計を求め、依存症対策の充実も訴えた。意見書は自民系と公明の市議ら4人が提案し、定数21人のうち計15人が賛成した。これに先立って民進系と社民、共産の会派が法の廃止を求める意見書案を出したが、否決された。ただ、保守系市議の支持者の間でも、依存症やカジノ解禁法の成立の経緯に懸念が出ているという。/ 岩手県議会は20日、カジノ解… 〔※略〕」

▽参考:
▼統合型リゾート整備推進法案(とうごうがたりぞーとせいびすいしんほうあん)とは - コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%9E%8B%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88%E6%95%B4%E5%82%99%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%B3%95%E6%A1%88-1689621

▼議案等審議結果:平成28年12月定例会(H28.12.7 発議第1号「カジノを合法化する統合型リゾート(IR)推進法案の廃案を求める意見書」) | 住田町 http://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2015021700165/

 

▼あけましておめでとうございます。〔2017年01月01日〕: 遠野アマチュア無線クラブ  JA7ZFT http://tonoarc.seesaa.net/article/445440490.html
▽「A HAPPY NEW YEAR!/ 〔遠野市〕上郷町細越地内にある日出神社です。細越地区の皆さんはこの日出神社に初詣し、1年間の安全祈願等を祈ります。/ 伝説ではありますが、元来は住田町秋丸にあったらしいのですが、焼失によりこの地に再建した日出神社は、義経の隠し子である日出姫の隠れ家でもあったという。細越地区は、日出姫の終焉の地でもあります。」

▽参考:
▼日出神社|岩手県遠野市 - 八百万の神 https://yaokami.jp/1030370/

▼日出姫にまつわる日出神社〔2012/7/7〕 ( 宗教 ) - 奥羽*温故知新 http://blogs.yahoo.co.jp/syory159sp/30825381.html
▽「久々の神社記事ですが、面白い謂われのある神社です・・・/ ■日出神社 遠野市上郷町細越/ 御祭神 少名彦那命 大己貴命/ 『日出神社の祭神は、少名彦那命・大己貴命にして、建保年中(1213〜1218)阿曽沼朝綱の勧請したるものと伝えられ、往時の祭神は薬師如来にして、元は気仙郡上有住村秋丸〔現 住田町上有住〕にあるものを現在地に移せるものであると伝えられている。/ 寛文年中(1662〜1673)第十九代南部直栄が眼病平癒を祈願するに功験顕著であるので崇敬深く、社領五石を寄進し年々奉幣参向あり、以来遠野郷は勿論のこと広く気仙郡並びに釜石・花巻方面よりも尊崇を得たと伝えられています。/ 本殿に通ずる石段は、日出神社再興を願う第二十七代南部信彦の寄進によるのもであり、社殿東方にある栃の木の根元の穴に溜れる水を以て眼を洗う慣習があったと聞く。明治維新神仏混淆の分離により薬師如来は分離され、深沢山慶雲寺に安置されている。明治五年(1872)十月村社の取据えとなり、盛大な祭祀が行われるようになった。』 【神社由緒書より】/ 遠野郷には不思議な空間が多い..../ 日出神社一の鳥居だが正面に円錐形の山が、さも御神体がごとくそびえ立つ・・・後ろを振り返るとそれに対するかのようにピラミッドを思わせるような山が控えている・・・/ 〔※略〕」

▼峠データベース・詳細表示:秋丸峠(岩手県気仙郡住田町上有住遠野市上郷町細越) http://pdb.the-orj.org/view.php?no=2488

 

 

関連記事:2017年1月上旬

陸前高田で進む「音楽を通じたコミュニティーづくり」/資金提供呼び掛け〔2017年01月05日〕 - 三陸経済新聞 http://sanriku.keizai.biz/headline/1330/

 

▼「課題先進地」東北で女性たちが今考えること〔2017年01月04日〕 | 震災と復興 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 http://toyokeizai.net/articles/-/150840

 

高田松原に思い込めて/絵・短歌・作文募集〔2017年01月03日〕 | 河北新報オンラインニュース http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170103_35001.html
▽「陸前高田市NPO法人高田松原を守る会が、東日本大震災で1本を残して流失した高田松原にまつわる作品を募っている。再生に向け、今春〔2017年春〕に始まる苗木の植栽への関心と参加を促すのが狙い。/ 「わたしの高田松原」と題し、絵画、絵手紙、短歌、俳句、230字以内の作文と詩を募集する。/ 作品は2月上旬、市コミュニティホールで展示するほか、守る会主催イベントなどで活用する予定。優秀作品には賞状などを贈る。/ 鈴木善久理事長(72)は「海水浴、遠足などそれぞれに思い出があると思う。よく覚えていない子どもたちにも将来のことを表現してほしい」と話す。/ 応募は〔1月〕20日まで。陸前高田市大船渡市、岩手県住田町に住む人のほか、陸前高田市出身者が対象。1人各部門1点以内で郵便はがきの裏を使う。/ はがきの表に住所、氏名、年齢を記入し、〒029-2206陸前高田市米崎町字地竹沢87-4、鈴木理事長へ。連絡先は0192(55)4843。」「2017年01月03日火曜日」

▽参考:
Facebook特定非営利活動法人 高田松原を守る会 The Association for the Preservation of Takatamatsubara https://www.facebook.com/preservation.of.takatamatsubara/
高田松原を守る会 | NPO法人ポータルサイト - 内閣府 https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/003000560

 

*1:「和山」。地名、岩手県気仙郡住田町世田米和山。 →▼岩手県気仙郡住田町世田米和山 地図(住所一覧から検索) :マピオン http://www.mapion.co.jp/address/03441/96/