2018年5月上旬:住田町に関する記事

▽2018年(平成30年)5月上旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2018年5月中旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2018/05/11/000000
▼2018年4月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2018/04/21/000000

 

2018年5月10日(木)

 

2018年5月9日(水)

 

2018年5月8日(火)

 

▼Web東海新報|震災からの歩みに学ぶ、文化政策・まちづくり学校/大船渡で開校記念シンポジウム https://tohkaishimpo.com/2018/05/08/204184/

 

▼Web東海新報春の高校野球沿岸南地区予選/大船渡が第1代表に、釜石との激戦制す(別写真あり) https://tohkaishimpo.com/2018/05/08/204172/

 

2018年5月7日(月)

 

▼古里創生、住田で学ぶ 文化政策・まちづくり学校開校〔2018.05.07〕 | IWATE NIPPO 岩手日報 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/5/7/13734
▽「住田町五葉(ごよう)地区を拠点に古里の創生につながるさまざまな学びを深める「文化政策・まちづくり学校」(学長・池上惇京都大名誉教授)が開校した。大学教授や地元の知識人が「教員」となり、対面や通信で教育を行う。第1弾として〔5月〕6日まで4日間、フィールドワークなどを行った。/ 池上さん(84)は東日本大震災後、同町などでまちづくりの助言役を担った。活動の中で触れた自然や住民の魅力、文化的価値を次世代に継承したいと考え地域住民と構想を練り、昨年から五葉地区の古民家を研究棟として整備してきた。/ 同学校はその研究棟を拠点に、元町職員で地域構想学を担当する千葉修悦さん(64)=同町上有住=ら5人の委員が運営する。入学生は県内外の70人に達した。/ 〔5月〕4日は約20人が参加し町内を見学。千葉さんの案内で町民俗資料館、流れ橋として知られる松日橋、道路と水路が一体となった葉山めがね橋などに足を運んだ。」「〔写真:〕千葉修悦さん(左)の案内で町民俗資料館を見学する参加者」

 

▼早瀬 ひとみ https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=187375035317981&id=100021364578187

 

2018年5月6日(日)

 

▼Web東海新報|“居心地の良さ”定着、開設2年で5万人突破/住田町・まち家世田米駅〔2018年5月6日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/05/06/204035/

 

2018年5月5日(土・祝)

 

▼Web東海新報春の高校野球沿岸南地区予選/大船渡が代表権獲得(別写真あり)〔2018年5月5日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/05/05/203859/

 

2018年5月4日(金・祝)

 

2018年5月3日(木・祝)

 

▼Web東海新報春の高校野球沿岸南地区予選/大船渡東と高田が初戦突破、代表決定戦に進出(別写真あり)〔2018年5月3日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/05/03/203551/

 

2018年5月2日(水)

 

2018年5月1日(火)

 

▼住民が「橋」架け替え…岩手・住田〔2018年5月1日〕 : 動画 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=08639
▽「岩手県住田町の気仙川で〔4月〕29日、江戸時代から続くとされる流れ橋松日(まつび)橋」の架け直し作業が行われた。川が増水すると橋板が流される構造の木造橋で、住民たちが川に入って橋脚を置き、その上に板を載せた=盛岡支局 安田英樹撮影 2018年5月1日公開」

▽参考:
→▼伝統の「流れ橋」集落の絆の象徴/大雨で壊れた「松日橋」住民の手で復旧〔2018年04月30日〕 | 河北新報オンラインニュース https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201804/20180430_33044.html

→▼木の一本橋 「松日橋」の維持・管理〔2015年2月24日〕 | 住田町 http://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2015022400569/

 

上有住地区 地域おこし協力隊 - 投稿〔2018/05/01〕 https://www.facebook.com/iwatekamialice/photos/a.1901539553423360.1073741829.1900276436883005/2088442214733092/?type=3&theater
▽「毎年恒例の八日町市日開催!/ 5月6日(日)9時〜11時頃までやっています。地元の山菜や野菜、花きの他にも様々な品物が出品予定。/ ぜひぜひお越しください!」

 

▽▽関連記事:2018年5月上旬

▼基準超の貝毒 ホヤなど出荷規制〔2018年05月02日〕|NHK 岩手県のニュース http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20180502/6040000745.html
▽「岩手県沿岸南部で水揚げされたホヤや真がきから基準を超えるまひ性の貝毒が検出され、岩手県漁業協同組合連合会は、釜石湾など3つの海域からの出荷を2日から自主的に取りやめています。/ 県漁連=県漁業協同組合連合会によりますと、ホヤや真がきから国の基準を超える「まひ性貝毒」が検出されたのは釜石市の「釜石湾海域」、大船渡市の「三陸町海域」、大船渡市から陸前高田市の「南部海域」の3つの海域です。これを受け、県漁連は〔5月〕2日から、この海域からのホヤと真がきの出荷を自主的に取りやめることにしました。出荷を再開するには検査で3週間続けて基準値を下回る必要があり、少なくとも今月下旬まで出荷をしないことになります。貝毒は熱に強く、高温で調理しても毒性は弱まらないのが特徴で、食後30分で舌や唇がしびれ、最悪の場合、12時間以内に呼吸困難などで死亡することもあるということです。県内ではホタテも、釜石市から陸前高田市にかけての5つの海域で貝毒が検出され、今も出荷の自主規制が続いています。」「05月02日 19時48分」