2018年11月上旬:住田町に関する記事

▽2018年(平成30年)11月上旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2018年11月中旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2018/11/11/000000
▼2018年10月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2018/10/21/000000

 

2018年11月10日(土)

 

2018年11月9日(金)

 

2018年11月8日(木)

 

▼Web東海新報|「空き室増え寂しい」50%、陸前高田再生支援研究Pが8年目の仮設住宅団地調査 https://tohkaishimpo.com/2018/11/08/227542/

 

2018年11月7日(水)

 

2018年11月6日(火)

 

▼Web東海新報|チェーンソー操作競う、丸太の早切り大会/住田(別写真あり) https://tohkaishimpo.com/2018/11/06/227226/

 

2018年11月5日(月)

 

▼【記憶になっていく災害 木造応急仮設in住田】 | 編集長ブログ・性能とデザイン いい家大研究|住宅雑誌Replan http://kochihen.replan.ne.jp/?p=24457

 

2018年11月4日(日)

 

▼Web東海新報|8年ぶりに橋板新調、下有住・松日橋復旧作業/住田(別写真あり) https://tohkaishimpo.com/2018/11/04/227076/

 

▼Sato Abin(えーびん) 拝啓 岩手から。敬具さんはInstagramを利用しています:「. 岩手県住田町上有住字葉山 気仙川.」 https://www.instagram.com/p/Bp6eQdbnfqX/

 

▼村上 健也さんのツイート: "昨日先日の大雨で流された松日橋の橋架け作業がありました、そんなFB思い出が出て来ました。 クラウドファンディング『イシワリ』によって多くの方に注目される様になった『松日橋』『住田の原風景・アイデンティティ』大事にしたい文化ですね。 https://www.facebook.com/story.php?story_fbid=1917319591717437&id=100003182432699 " https://twitter.com/p_muraken/status/1058880377090174978

▼村上 健也さんのツイート: "松日橋架け替え作業! 新しい渡り板に変更の為いつもより時間がかり大変そうでした。 実は細かい作業が沢山ありまして、細かい調整をしながら頑張ってました、皆さんお疲れ様でした!" https://twitter.com/p_muraken/status/1058881603924082689

 

2018年11月3日(土)

 

2018年11月2日(金)

 

▼住田・遠野に風力発電/東京の企業計画、20年着工〔2018.11.02〕 | IWATE NIPPO 岩手日報 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/2/27511

 

▼住田町戦没者追悼式の開催について〔2018年11月2日〕 | 住田町 http://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2018110200010/

 

▼パシモさんのツイート: "住田町暮らしの暦… " https://twitter.com/kes_sumi/status/1058348221347508224

 

▼L-MES2さんのツイート: "住田町〜釜石市間にある箱根峠に行って来たんだけど過去一スリリングな峠だったw… " https://twitter.com/Nontan906082/status/1058290038096588800

 

2018年11月1日(木)

 

▼鶏舎で火事・ニワトリ2万7000羽焼け死ぬ/岩手・住田町〔2018年11月01日〕 | IBC NEWS https://news.ibc.co.jp/item_34614.html
▽「〔10月〕1日未明、住田町で鶏舎2棟を全焼する火事があり、中にいたニワトリおよそ2万7000羽が焼け死にました。現場では爆発もあり騒然としました。/ 警察と消防によりますと、1日午前0時20分ごろ、住田町世田米の住田フーズ日向農場から火が出ていると、通りががった人から119番通報がありました。火はおよそ5時間半後にほぼ消し止められましたが、この火事で木造平屋建ての鶏舎2棟が全焼し、中にいたニワトリ、2万6900羽が死にました。けが人はいませんでした。住田フーズによりますと、敷地内に鶏舎は4つあり、全焼したのは南側の2棟だということです。鶏舎内には2棟で合わせておよそ20本の暖房用のガスボンベがあり、火事ではボンベに引火した爆発がたびたびあって消火活動は難航しました。警察と消防が詳しい火事の原因を調べています。」「2018年11月01日 11:54 更新」

▼住田町/養鶏場の鶏舎2棟が全焼〔2018年11月01日〕|NHK 岩手県のニュース https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20181101/6040002486.html
▽「〔10月〕1日未明、住田町にある食品メーカーの養鶏場で、ニワトリを飼育している施設2棟が全焼し、けが人はいませんでしたが、2万7000羽近くが死んだとみられています。/ 1日午前0時20分ごろ、住田町世田米にある食品メーカーの「住田フーズ日向農場」で養鶏場が燃えていると通行人から消防に通報がありました。火は8時間半近くたって消し止められましたが、木造平屋建ての鶏舎2棟、およそ1490平方メートルが全焼しました。警察や消防などによりますと、出火当時、施設に人はいませんでしたが、飼育されているひよこから出荷前のニワトリまで、2万6900羽がいずれも死んだとみられています。また、施設には温度を一定に保つため、ガスを使った暖房設備が備えられていて、消火中にガスの配管に引火したため、鎮火に時間がかかったということです。警察と消防は合同で現場検証を行い、火事の原因や被害の状況を詳しく調べることにしています。現場は、国道107号沿いにある山あいの農場です。「住田フーズ」は〔岩手〕県内に委託農家も含めて32か所の農場があり、年間860万羽の食肉を全国に出荷する地域を代表する会社で、「原因を確認したうえで、再発防止に努めたい」としています。」「11月01日 15時16分」

▼ローカルTime FNN被災地発...|ニワトリ2万6,900羽焼死/住田町で鶏舎2棟全焼〔2018/11/1〕 http://www.fnn-news.com/localtime/iwate/detail.html?id=FNNL00068111
▽「〔10月〕1日未明、岩手・住田町で養鶏場が全焼する火事があり、飼育していた2万6,900羽のニワトリが焼け死んだ。/ 1日午前0時20分ごろ、住田町世田米の住田フーズ日向農場の養鶏場が燃えていると、通りがかった人から通報があった。火は、およそ9時間後に消し止められたが、木造平屋建ての鶏舎4棟のうち2棟、あわせておよそ1,500平方メートルが全焼した。この火事で、飼育していたニワトリ2万6,900羽が焼け死んだ。出火当時、養鶏場には管理者1人がいたが、逃げて無事だった。警察によると、実況見分をした結果、事件性はなく、暖房器具からの発火とみて、くわしい出火原因を調べている。住田フーズでは、原因究明を急ぎ、再発防止に努めたいとしている。 (11/1 18:46) 岩手めんこいテレビ

▼住田町・鶏舎2棟全焼/火元はガスの暖房器具か/岩手〔2018年11月01日〕 | IBC NEWS https://news.ibc.co.jp/item_34623.html
▽「相次ぐ未明の爆発に現場は騒然としました。住田町で鶏舎2棟を全焼し、ニワトリおよそ2万7000羽が焼け死んだ火事で、火元はガスを使用した暖房器具と見られることがわかりました。」
▽「〔11月1日〕未明の大きな爆発音。炎や煙が夜空に激しく舞いあがります。火事は1日午前0時20分ごろ、住田町世田米の住田フーズ日向農場の鶏舎で発生しました。/ (リポート) 「未明に発生した爆発を伴う住田町の火事。現在必死の放水作業が続いています」/ 鎮火までおよそ9時間を要したこの火事で、木造平屋建ての鶏舎2棟、あわせて1490平方メートル余りが全焼し、中にいたニワトリ、2万6900羽が死にました。住田フーズによりますと、鶏舎ではプロパンガスを使った暖房器具を使用していて、2棟で合わせておよそ20本のガスボンベがありました。このボンベに引火してたびたび爆発が発生し、消火活動は難航しました。/ (住民)「爆発はすごかったです。空まで上がって」「家に来たらどうしようと思うくらい(火が)上がったんだもの、ビックリしました、初めて見たもんで」/ 警察によりますと、1日の実況見分で、ガスを使った暖房器具が火元とみられることがわかりました。住田フーズは県内で32の農場を経営し、年間およそ860万羽分の鶏肉を東日本各地に出荷する、地域の産業を代表する会社です。住田フーズの加納雄三社長は「原因を究明し再発防止に努めていく」としています。」「2018年11月01日 18:54 更新」

▼やーどんさんのツイート: "住田交運の近くですよね 朝、消防車とか パトカーとかいて 国道107号まて 焦げ臭さが漂ってました 人的被害はなかったようですが これはこれで…大変だ #岩手 #住田町 #火事 https://twitter.com/IBC_online/status/1057868366721953792 " https://twitter.com/yohoushi_yk/status/1057903431581483009

▽参考:
▼国産鶏肉をおいしく学べる情報サイト チッキンタウン住田 | 住田くみあいチキンフーズ株式会社 http://www.ja-zcf.co.jp/sumita/
▼会社概要 | 住田フーズ http://www.ja-zcf.co.jp/sumita/corp/profile.html
▼トレーサビリティ:住田フーズ 10188A52/日向農場 | 全農チキンフーズグループ http://www.ja-zcf.co.jp/traceability/trace.cgi?lot=10188A52

▼「住田 鶏ハラミ」(住田フーズ株式会社/岩手県気仙郡住田町) - Togetter https://togetter.com/li/276082

▼JA陸前高田市:Webリーフ 2007年10月号:鶏の魂を弔い〔2007年10月〕 http://www.jaofunato.or.jp/outline/web_dayori/0710_r.html
▽「■鶏の魂を弔い/ 鶏供養祭開催/ 住田町世田米にある住田フーズ(株)鶏魂碑前で〔2007年〕10月3日、平成19年鶏供養祭が行われました。/ これは一年間に食用として出荷された鶏霊を供養するために毎年行われているもの。/ 供養祭には70名ほどの関係者が集まり、同町有住の満福寺〔※正しくは「萬福寺」〕・小田住職が読経する中、住田フーズ役職員や、当JAの新沼幸男組合長ら参列者が焼香し、鶏の霊の冥福を祈りました。」「〔写真:〕鶏たちの霊を弔う参加者」

▼JA陸前高田市:Webリーフ 2006年11月号:食用出荷の鶏霊を弔う〔2006年11月〕 http://www.jaofunato.or.jp/outline/web_dayori/0611_r.html
▽「■食用出荷の鶏霊を弔う/ 平成18年鶏供養祭/ 住田町世田米にある住田フーズ(株)鶏魂碑前で〔2006年〕10月4日、平成18年鶏供養祭が執り行われました。/ これは、1年間に食用として出荷された鶏霊を供養するため毎年開催されているもので、住田フーズ役職員、ブロイラー部会員、町、関係機関から60名ほどが参列。同町下有住・万福寺萬福寺〕の小田住職の読経が響きわたるなか、参列者全員が焼香し、鶏霊の安らかな冥福を祈りました。」「〔写真:〕鶏霊の冥福を祈る参列者」

▼食用出荷の鶏霊を供養 住田フーズ〔2006-10-07〕|日本農業新聞トピックス | JA岩手県中央会 http://www.ja-iwate.or.jp/nogyotopics/page.php?id=5775
▽「■住田町世田米にある住田フーズ(株)で〔2006年10月〕4日、鶏供養祭が行われた。/ 1年間に食用として出荷された鶏の霊を供養するため毎年開いている。/ 住田フーズ役職員、ブロイラー部会員、町、関係機関から約60人が参列した。中庭にある鶏魂碑前に祭壇が設けられ、同町下有住・万福寺萬福寺〕の小田住職の読経が響きわたるなか、参列者一人一人が焼香し、鶏霊の安らかなめい福を祈った。」「2006-10-07掲載 (東北版)」

▼住田交運 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E7%94%B0%E4%BA%A4%E9%81%8B

 

▼Web東海新報|地元産さらに充実、ふるさと納税制度「まちづくり応援寄付返礼品」/住田〔2018年11月01日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/11/01/226676/
▽「住田町はこのほど、ふるさと納税制度「住田町まちづくり応援寄付」の返礼品を大幅に追加した。これまでは7品目だったが、18品目増やして全25品目に。地元食材を生かした加工品セットを充実させたほか、木工製品も追加した。町では周知に力を入れるとともに、寄付を生かした振興策も進める。」
▽「ふるさと納税は、出身地といった特定の自治体に寄付する制度。町は〔平成〕20年〔2008年〕に「住田町森林・林業日本一の町づくり寄附条例」を制定し、森林・林業を通じたまちづくりなどに活用してきた。平成27年度〔2015年度〕に、寄付金の使途を幅広いまちづくり事業に拡大した。/ これにより ▽森林・林業日本一の町づくり ▽子育て・福祉・医療の充実 ▽教育・文化・スポーツの振興 ▽住民活動団体の支援 ▽そのほかのまちづくり ──の5分野を設定。支援分野を選べる。/ 昨年度〔2017年度〕の実績は、49件で計1595万円。制度への関心を高めてもらいながら寄付充実などにつなげようと返礼品を見直し、種類を大幅に増やした。/ 今回追加となったのは、ポーク・チキン加工品セット、乾物セット、安全安心野菜セット、焼き菓子セット、手づくり梅干しセットなど全18品目。いずれも地元産食材を生かしたもので、町内外の人々から好評を集める品々を取りそろえた。/ 食品以外では「cedar plate(杉板)」も。爽やかな香りが広がり、アウトドア活動でのまな板、バーベキューでの敷板、小物置きなどとして活用できる。/ さらに、毎年新成人に贈られる「木のカードケース」も登場。遊びながら住田の魅力や方言を学べる「住田いいとこカルタ・解説本」も加わった。/ ふるさと納税は、年末にかけて申し込みが増える傾向にある。町では今後の申し込み増に期待を込めるとともに、随時返礼品を追加して充実を図るとしている。/ 返礼品の詳細はインターネットサイトの「ふるさとチョイス」(http://www.furusato-tax.jp/ )でも紹介している。問い合わせは農政課商工観光係(TEL〔0192・〕46・3861)へ。」「▲ 地元産加工食品のセット品や木工品など返礼品を大幅に追加」「平成30年11月1日付 6面」

▽参考:
岩手県住田町[すみたちょう]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道 | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] https://www.furusato-tax.jp/city/product/03441

 

▼Today’s I Nature 岩手トレッキングガイド:愛染山(釜石市、住田町)=11月1日10:20 | IWATE NIPPO 岩手日報 https://www.iwate-np.co.jp/page/tre
▽「岩手県は四季折々、豊かな自然に触れ合えるアウトドアレジャーの宝庫です。本コーナー「Today’s I  Nature」は岩手山早池峰山、八幡平をはじめとする本県を代表する山々、三陸海岸の「みちのく潮風トレイル」コースなど、県内各地のトレッキングコース上の最新画像を随時紹介。各地の「今」をいち早くキャッチ、見るだけでも楽しめるトレッキングガイドとして発信します。/(随時掲載)」
▽「■愛染山(釜石市、住田町)=11月1日10:20/ 愛染明王にっこり 冬日/ 報告 北上山歩き会 本舘伸也/ 霜月となりました。北上山歩き会は今年〔2018年〕9回目の山行です。一路、愛染山へ。登山口の箱根峠に近づくと、赤や黄の色鮮やかな紅葉が広がり、歓声が上がりました。登山道は苔むした岩石が露出し、笹やぶをかき分けながらの急登が続きました。/ 標高が上がるにしたがい樹木は冬枯れの姿になり、山道にザクザクの氷片が積もっていましたが、山頂は日の光を浴びて、まさに冬日和。憤怒の姿、厳めしい姿の愛染明王もこの日は歓迎してくれたのかなあ(笑)と思わせるような陽光でした。/ 朝日のなか箱根峠の登山口に向かう。紅葉真っ盛り(8:10撮影)/ 登山口から愛染山へ。樹木は早くも冬枯れに(8:25撮影)/ 山頂。遠野盆地、六角牛山、遠く雪の早池峰山も見えた(10:20撮影)/ 南東に五葉山がどっしりしている。その右方向に氷上山陸前高田市〕、そして大船渡湾が光って見えた(10:23撮影)/ 「登ってよかった」山行メンバー笑顔、笑顔(10:28撮影)」 ※写真5葉。

 

 

▽▽関連記事:2018年11月上旬

▼Web東海新報|内定率61・2%で発進、9月末現在の来春高卒者就職/気仙〔2018年11月01日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/11/01/226698/