2020年2月上旬:住田町に関する記事

▽2020年(令和2年)2月上旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2020年2月中旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2020/02/11/000000
▼2020年1月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2020/01/21/000000

 

2020年2月10日(月)

 

▼令和2年度 住田町奨学生募集〔2020年2月10日〕 | 住田町 https://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2020011400017/
▽「住田町では、成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により修学が困難と認められる方へ奨学金制度を設けております。/令和2年度の奨学生を次のとおり募集します。/ 1.応募資格: (1) 住田町に住所がある方のお子さんで、令和2年4月1日以降に学校教育法に規定する高等学校、大学(短期大学含む)、高等専門学校、大学院及び専修学校に在学している者(これら以外の専修学校一般課程や各種学校などの学校又は学校教育法に規定する学校以外の施設に通う者は除く)/ (2) 林業の担い手として就業するため、修業年限2年以上の専修学校及び大学等に進学した者(上記(1)に同じく、専修学校一般課程や各種学校などの学校又は学校教育法に規定する学校以外の施設に通う者は除く)であること。/ (3) 学資の支弁が困難と認められる方で、健康で成績優秀、品行方正であること。/ 2.募集人員: 一般枠:5名程度
林業担い手枠:1名/ 〔※略〕」

 

2020年2月9日(日)

 

▼澤口 たまみさんはTwitterを使っています 「3月14日の住田町の朗誦伴奏会、 東海新報でご紹介いただきました。/ 「賢治と震災」考える場に と見出しがついておりますが、 「水仙月の四日」 を聴いていただく気楽な会です。 どなたも遠慮はありません。 こちらの会場には定員があります。 お早めにお申し込みくださいませ。 https://t.co/RvDRBBptTA 」 / Twitter https://twitter.com/stamamushi/status/1226357863007735808
▽※東海新報 2020年2月9日「「賢治と震災」考える場に/3月14日に朗誦伴奏会/住田で」、紙面写真あり。

 

2020年2月8日(土)

 

2020年2月7日(金)

 

2020年2月6日(木)

 

津田塾大学研修発表会の開催のお知らせ〔2020年2月6日〕 | 住田町 https://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2020020600019/
▽「令和元年〔2019年〕8月に津田塾大学の学生の皆さんが住田町内対象にフィールドワークを行いました。/ 今回はその内容報告会を下記の通り開催します。/ぜひ皆さまご参加ください。/ ■日時: 〔2020年〕2月14日(金) 午後2時30分〜4時30分/ ■場所: 〔住田町〕役場 町民ホール / ■テーマ: 住田町*住田高校*津田塾大学連携プロジェクト報告会「学び・発見・協働から考える住田町と日本の地域社会のこれから(仮)」」

▽参考:
→▼Web東海新報|協定生かし充実の学び/外国人研修生と対話も/津田塾大生が現地活動/住田〔2019年8月9日〕 https://tohkaishimpo.com/2019/08/09/260315/

 

成年後見講演会開催のお知らせ〔2020年2月6日〕 | 住田町 https://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2020020400015/
▽「認知症、知的障がい、精神障がい等によって判断能力が十分でない方の権利を擁護し、自分らしく安心して暮らせる地域づくりのため、成年後見制度の普及啓発を図ることを目的に成年後見講演会が開催されます。難しいイメージの成年後見制度を、演劇で楽しく学べる機会となっています。/ ■内容: 〇講演会 「この町で、安心して、ずうっと暮らしたい! 〜じつは身近な成年後見制度〜」 カシオペア権利擁護支援センター 所長 小野寺 幸司 氏/ 〇演劇 「還付金詐欺から友蔵を守れ!」 劇団 友蔵と仲間たち/ ■日時・場所: 令和2年〔2020年〕2月22日(土) 13:30〜15:30 (開場 13:00)/ 住田町役場 町民ホール/ ■対象: 成年後見制度に興味・関心がある方/ ■入場料・申込み: 入場無料、事前申込不要です。/ ■お問い合わせ先: 住田町社会福祉協議会 電話:0192-46-2300」

 

2020年2月5日(水)

 

▼Web東海新報|27の具体的取り組み示す/懇談会の委員らに/定住自立圏共生ビジョン案/大船渡市と住田町〔2020年2月5日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/02/05/280129/

 

2020年2月4日(火)

 

▼広報すみた 令和2年1月号 (No.724) | 住田町 https://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2020020400053/

 

▼Web東海新報|ここだけは“別世界”/道の駅ぽらんで「冬の種山で雪あそび」/住田(別写真あり)〔2020年2月4日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/02/04/279943/

 

▼新型ウイルスへ備え/気仙地域で連絡会議/岩手・大船渡市〔2020年02月04日〕 | IBC NEWS https://news.ibc.co.jp/item_38540.html
▽「国内でも感染者が出ている新型コロナウイルスについて、〔2月〕3日、気仙地域の医療機関や行政などの担当者が集まり、対応や予防策などを確認しました。/ 3日夜の会議には、感染症指定医療機関になっている〔岩手〕県立大船渡病院など気仙地域の医療機関や医師会、大船渡市、陸前高田市住田町の担当者らおよそ40人が出席しました。新型コロナウイルスによる肺炎で、これまでに中国本土で425人が死亡、日本国内では20人のウイルス感染が確認されています。会議では、地域で感染の疑いがある人は保健所に連絡や相談した上で医療機関を受診する流れなどを確認しました。また、予防のための手洗いとアルコール消毒について、周知に努めることも改めて確認しました。」「2020年02月04日 11:54 更新」

▽参考:
新型コロナウイルス感染症に関する情報〔2020年1月31日更新〕 - 大船渡市ホームページ https://www.city.ofunato.iwate.jp/soshiki/kenkou/12872.html

 

▼音灯さんはTwitterを使っています 「音蔵 今回のLIVEは音蔵の「滝観沢洞太郎」さんが出演します! いつもお世話になっておりますm(__)m #音灯 #音蔵 https://t.co/Z0UjVRJcFK 」 / Twitter https://twitter.com/oto_official_ac/status/1224588811646074880

 

2020年2月3日(月)

 

2020年2月2日(日)

 

たけるさんはTwitterを使っています 「衛星エントランスのSoftBank基地局かっこいい 花巻なら90kmぐらいだからそのうちいけるかも https://t.co/8ztR8V8ayw 」 / Twitter https://twitter.com/Love_Macintosh/status/1223900109101883392

たけるさんはTwitterを使っています 「住田町にもあるのか ちょうど大船渡までアンテナ探しに行きたかったから丁度いい 三陸道通れば1時間ぐらいかな? https://t.co/3M1joWZ8t4 」 / Twitter https://twitter.com/Love_Macintosh/status/1223918211508211712

▽参考:
東日本大震災による被害への対応状況と今後の見通しについて〔2011年4月14日〕 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2011/20110414_01/

 

2020年2月1日(土)

 

▼Web東海新報|交流人口の拡大策探る/県際市町議会議長会/岩手・宮城両県議との懇談会/住田〔2020年2月1日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/02/01/279710/

 

▼聖火、本県8カ所で展示/来月「復興の火」〔2020.02.01〕 | 岩手日報 IWATE NIPPO https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/2/1/72205
▽「2020年東京五輪パラリンピック組織委員会は〔1月〕31日、聖火リレーに先立ち東日本大震災の被災地で聖火を巡回展示する「復興の火」の展示内容を発表した。本県は3月22、23の両日、宮古市や大船渡市など8カ所で展示。三陸鉄道JR東日本のSL銀河で移動し、地元児童らがセレモニーで聖火を迎え入れる。/ 初日〔2020年3月22日〕は午前8時、三陸鉄道宮古駅前で聖火皿に火をともしてセレモニーを実施。その後、ランタンに移した聖火を三陸鉄道4両で運び、陸中山田駅、大槌駅に途中停車し釜石駅に向かう。釜石駅からはSL銀河に乗り換え、上有住、遠野駅に寄りながら花巻市大通りのなはんプラザを目指す。23日は午前10時~午後3時、大船渡市大船渡町のおおふなぽーとで聖火皿に移した聖火を展示する。」