2020年4月上旬:住田町に関する記事

▽2020年(令和2年)4月上旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2020年4月中旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2020/04/11/000000
▼2020年3月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2020/03/21/000000

 

2020年4月10日(金)

 

▼Web東海新報|今秋に仮橋工事着手へ/架け替え控える昭和橋/住田町〔2020年4月10日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/04/10/286790/

▽参考:
▼昭和橋景観検討委員会について | 住田町 https://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2018092700027/

 

▼(株)ウッティけせん(岩手)/自己破産へ〔2020年4月10日〕 - 倒産情報-政治経済・時事・倒産情報 | JC-NET(ジェイシーネット) https://n-seikei.jp/2020/04/post-66399.html
▽「プレカット材製造の(株)ウッティけせん(所在地:岩手県気仙郡住田町世田米字城内***)は〔2020年〕3月31日、事業を停止して事後処理を弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入った。/ 負債総額は約1.7億円。/ 資本金は3500万円、従業員は24名。/ 同社は昭和24年〔1949年〕創業の製材会社。ツーバイフォー向けのプレカット材を主力にし、以前は7億円近い売上高を計上していた。しかし、その後は住宅市場の悪化で経営不振が続き、東日本大震災では復興需要に経営は持ち直していたがそれも一巡し、平成31年〔2019年〕3月期には3億円台まで売上高が落ち赤字、資金繰りにも窮するようになっていた。/ 担当弁護士には、小笠原一男弁護士(0226-23-****)ほかが任命されている。」

 

2020年4月9日(木)

 

▼Web東海新報|3年間の成長誓う/高田など3高校で入学式/気仙(別写真あり)〔2020年4月9日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/04/09/286667/

 

2020年4月8日(水)

 

2020年4月7日(火)

 

▼力合わせ景観を復活/下有住「松日橋」/今年初の橋かけ作業/住田〔2020年4月7日〕|東海新報

 

2020年4月6日(月)

 

2020年4月5日(日)

 

▼Web東海新報新型コロナウイルス/飲食業界にも大打撃/売り上げ9割減の宴会場も/気仙〔2020年4月5日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/04/05/286308/

 

2020年4月4日(土)

 

▼一斉休校から1か月/県内トップを切って小学校で始業式/岩手・住田町〔2020年04月04日〕 | IBC NEWS https://news.ibc.co.jp/item_39095.html
▽「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための一斉休校から1か月。岩手県住田町の小学校で〔4月〕4日、〔岩手〕県内のトップを切って始業式が行われました。/ 始業式が行われたのは住田町立有住小学校です。子どもたちは午前7時半過ぎにマスク姿で登校してきました。県内のトップを切って行われた始業式には2年生から6年生60人が出席しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため学校は先月〔3月〕3日から休校となり、児童たちは18日の卒業式以来の登校です。始業式の後、それぞれの教室では真新しい教科書が配られ、児童たちは新年度への期待に胸をふくらませていました。県内の小学校の始業式のピークは今月〔4月〕6日です。」「2020年04月04日 17:30 更新」

 

2020年4月3日(金)

 

▼Web東海新報新型コロナウイルス/広がる延期・規模縮小の波 式年大祭や山のイベントなど/気仙〔2020年4月3日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/04/03/286116/

 

2020年4月2日(木)

 

▼Web東海新報|通常保育を再開/新型ウイルスで閉所/世田米学童クラブ/住田(別写真あり)〔2020年4月2日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/04/02/285934/

 

2020年4月1日(水)

 

▼Web東海新報新型コロナウイルス/高齢者の“見守り”に注力/よりあい事業での再会誓う/住田町社協〔2020年4月1日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/04/01/285852/

 

 

▽▽関連記事:2020年4月

▼パレードで山火事防止呼びかけ/岩手〔2020年04月10日〕 | IBC NEWS https://news.ibc.co.jp/item_39146.html
▽「空気が乾いて山火事が起こりやすい今の時期に合わせて10日、岩手県大船渡市などで、山火事防止を呼びかけるパレードが行われました。/ 大船渡市と陸前高田市、住田町の気仙地区のパレードには、県と森林管理署、消防署の署員など合わせておよそ50人が参加しました。パレードは先月1日から来月31日まで続く、県内の山火事防止運動月間に合わせたもので、山火事防止を呼びかけるステッカーを貼った車29台が、4つのコースに分かれて気仙地区の市と町に向けて出発しました。気仙地区では去年、山火事は発生していないものの、県内では59件発生していて、原因は野焼きやたき火など人為的なものがおよそ8割を占めています。参加者はパレードを通じて、防火に向けた心構えを新たにしていました。10日は盛岡地区と二戸地区でもパレードが行われました。」「2020年04月10日 16:00 更新」