2021年3月中旬:住田町に関する記事

▽2021年(令和3年)3月中旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2021年3月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2021/03/21/000000
▼2020年3月上旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2021/03/01/000000

 

 

2021年3月20日(土)

 

▼大船渡・一関・住田で震度5弱 盛岡で女性転倒し軽いけが 交通機関にも影響<岩手県>〔2021年3月20日〕 https://www.fnn.jp/articles/-/158495
▽「3月20日午後6時9分頃、宮城県沖を震源とする強い地震が発生し、岩手県内では大船渡市、一関市などで震度5弱の揺れを観測しました。宮城県の沿岸に出された津波注意報は午後7時半に解除されました。/ 3月20日午後6時9分頃、宮城県牡鹿半島の北東20キロを震源とする強い地震が発生しました。震源の深さは59キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.9と推定されています。この地震により岩手県内では、大船渡市、一関市、住田町震度5弱、盛岡市宮古市久慈市、など広い範囲で震度4を観測しました。/ 県によりますと、盛岡市のショッピングセンターで50代の女性1人が転倒し、軽いけがをしました。一方、大槌町の災害公営住宅2ヵ所で、一時断水が発生。また矢巾町福祉施設ケアセンター南昌では漏水が発生しているということです。また東北電力ネットワークによりますと県内では停電は発生していません。/ 交通機関にも影響が出ています。東北新幹線は二戸駅と栃木県の小山駅との間で一時停電が発生しました。現在も盛岡駅と東京駅との間で上下線とも運転を見合わせていますが、午後11時に全線で運転が再開される予定です。東京へ向かう人は「10時ごろまでは再開が難しいということだった。東京に向かうので終電がないので、ホテルかなと思って探し始めたんですが、ホテルもほとんど満室で…」 また県内の在来線は、東北本線の一部(盛岡~前沢)・田沢湖線花輪線北上線八戸線で運転再開です。三陸鉄道は列車2本が緊急停止し、乗客あわせて20人がタクシーで輸送されまた。20日の列車は、盛ー宮古間で終日運休となっています。/ そして高速道路は、東北道の一関ICと宮城県の白石ICの間、三陸道の釜石唐丹ICと宮城県の鳴瀬奥松島ICの間の上下線で通行止めとなっています。/ またこの地震で一時宮城県の沿岸に津波注意報が発表されました。/ 震度5弱を観測した大船渡市では避難所が市内11か所に設置されました。その一つ大船渡地区公民館では不安そうに避難する住民の姿が見られました。大船渡市民「今回の地震に関しては前回と揺れが違った。揺れて速報が出た瞬間に津波というのが頭に浮かんで、すぐ(避難所に)上がるぞっていう話で、すぐ上がってきた」 宮城県に出された津波注意報は午後7時半に解除されました。気象庁東日本大震災の余震と考えられ、今後1週間は震度5強程度の地震が起きる可能性があるとしています。それでは、現在も運転見合わせが続いている東北新幹線盛岡駅に滝沢アナウンサーが行っています。/ 〔※略〕」

 

2021年3月19日(金)

 

▼人事異動内示(令和3年4月1日付け発令) | 住田町 https://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2020031800019/

 

2021年3月18日()

 

Web東海新報|需要創出と木育(もくいく)推進へ 木製ジャングルジムお披露目 https://tohkaishimpo.com/2021/03/18/319982/

 

2021年3月17日()

 

2021年3月16日()

 

2021年3月15日()

 

▼リレー通らない町村で東京五輪聖火巡回展示 15日は西和賀町で/岩手(IBC岩手放送) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/4143e170c87a347dc859ff6619d91ad4d5841620
▽「今年6月に岩手県内で予定されている、東京オリンピック聖火リレーのルートから外れた5町村で聖火の巡回展示が行われています。15日は西和賀町の小学校などでお披露目されました。/ 西和賀町では15日午後、聖火の巡回展示に伴うセレモニーが行われました。/ セレモニーには2002年のソルトレークシティオリンピックのクロスカントリースキー代表で、今回聖火ランナーも務める西和賀在住の工藤博さんが、ランタンに収まった聖火を持って登場しました。その後、会場に集まったおよそ70人の住民は聖火をバックに写真撮影をするなどして楽しみました。/ これに先立ち西和賀町の湯田小学校では体育館に展示され、集まった児童およそ80人が去年3月にギリシャで採火された聖火に目を輝かせていました/ (児童)「1万キロメートルも離れたところから来て、火が消えないのはすごいと思いました」「全然消えるようにも見えないし、火が透けているようにも見えた」「オリンピックの選手の皆さんに、とても頑張ってほしいなという思いになりました」/ 巡回展示は今年6月に県内で予定されている聖火リレーのルートに該当しない5町村で行われるもので、14日までに軽米町や九戸村葛巻町で終えていて、16日は住田町で展示される予定です」。

 

2021年3月14日()

 

2021年3月13日()

 

▼Web東海新報|新年度予算案など可決 町議会3月定例会最終本会議 仮設跡地利活用事業費も計上 https://tohkaishimpo.com/2021/03/13/319515/

 

▼聖火、ルート外で展示…岩手・軽米など : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック : 読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210313-OYT8T50000/

 

2021年3月12日()

 

2021年3月11日()

 

 

▽▽関連記事:2021年3月中旬

▼Web東海新報|未曾有の災害 学びと課題 ―災害公営住宅、高台移転地等住民アンケート―〔2011年3月11日〕 https://tohkaishimpo.com/2021/03/11/319201/
▽「東日本大震災から10年の節目を迎えるにあたり、東海新報社では大船渡、陸前高田両市の災害公営住宅や防災集団移転地などの住民を対象に、アンケート調査を実施した。「暮らし」「復興感」「震災の教訓」の3テーマで、被災地のいまと将来課題を探った。/ 調査票配布総数2394通(災害公営住宅1527通、高台移転地等867通)※令和3年1月4日~9日、戸別配布(ポスティング)による/ 回答836通(回収率34.9%)※郵送による/ 〔※略〕」

 

▼震災10年・ともに:そば打ちに新たな希望 陸前高田 山崎正之さん(58) /岩手〔2021/3/11〕 | 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20210311/ddl/k03/040/143000c

 

▼あの日、亡くなられた方たちのことも思い浮かべて届ける阿部さんの語りに触れて #あれから私は (水上賢治)〔2021/03/11〕 - 個人 - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/mizukamikenji/20210311-00226881/