2020年5月中旬:住田町に関する記事

▽2020年(令和2年)5月中旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2020年5月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2020/05/21/000000
▼2020年5月上旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2020/05/01/000000

 

2020年5月20日(水)

 

2020年5月19日(火)

 

八つ墓村のロケ地にもなった「滝観洞」ってどんな場所?洞内には神秘的な光景が広がっている!〔2020/05/19〕 | おでんせ岩手 https://tohoku-charm.com/rokando/

 

2020年5月18日(月)

 

▼学校給食費全額免除へ 岩手・住田町教委〔2020年05月18日〕 | 河北新報オンラインニュース https://www.kahoku.co.jp/special/spe1211/20200518_10.html
▽「岩手県住田町教委は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、町内全児童生徒の本年度の学校給食費を無料にする。小学生が年間5万円、中学生が5万6000円で、15日にあった町議会臨時会で事業費を含む補正予算が可決された。/ 1日時点の児童生徒数は計265人。町教委の担当者は「臨時休校で保護者の経済的負担が増えている現状を踏まえた」と説明した。支払い済みの給食費は今後還付する。/ また、町は経済支援策として、町商工会に委託して500円券8枚を2000円で販売するプレミアム付き商品券を発行する。第1弾として町内の飲食店で利用できる商品券を31日に発売し、秋には小売店で使える商品券を販売する。」

 

2020年5月17日(日)

 

2020年5月16日(土)

 

▼Web東海新報新型コロナウイルス/初日は約450世帯に/振り込みがスタート/特別定額給付金〔2020年5月16日〕 https://tohkaishimpo.com/2020/05/16/290064/

 

2020年5月15日(金)

 

▼料理通しスポーツ少年ら応援/総菜屋「SONO」オープン/石巻〔2020年05月15日〕 | 石巻かほく | 河北新報オンラインニュース https://www.kahoku.co.jp/special/spe1000/20200515_10.html
▽「〔宮城県石巻市泉町1丁目に総菜屋「季節のおいしい食卓『SONO』」が〔5月〕13日、オープンした。アスリートフードマイスターの資格を持つ店主の小川奈津美さん(35)は、スポーツに一生懸命に取り組んでいる子どもたちや家族のために、6月からジビエの鹿肉メニューなどを提供する。/ 静岡県伊東市出身で東日本大震災後、岩手県住田町気仙沼市を経て、石巻市に移り住んだ小川さん。小さい頃からスポーツが大好きで水泳、体操、バレーボール、ソフトテニス、剣道に打ち込んだ。現在はジョギングが趣味。週1、2回のペースで約5キロを走っている。/ 小川さんは「スポーツが大好きな子どもたちを応援したい。料理を通して少しでも心身ともに健全な育成に貢献できれば…」と力を込める。/ ジビエとはフランス語で、狩猟によって食材として利用される野生の鳥獣を指す。鹿肉をメニューに選んだのには理由がある。栄養価が高い上に低カロリー、高タンパク質で、鉄分も豊富だという点だ。「貧血防止に加え、スポーツ選手が筋肉を付ける上でも良い食材」と説明する。/ 石巻地方では、鹿の生息域が拡大し、牡鹿半島を中心に出没。農作物の被害などが相次ぎ、駆除が急務となっているのも背景にあり、鹿肉のおいしさを広めたい考えもある。/ 既に鹿肉をミンチにしてのミートソース作りにも挑戦。試食した友人らの反応も良く、ペンネやパスタ、シュ-マイなどの具材として利用したい考え。鶏肉や豚肉を使ってのメニューも検討中という。/ 小川さんは「ジビエだけでなく、石巻ならではの魚介類や野菜などを使用した地元食材も使って、体にも良いおいしいものを皆さんに味わってもらいたい」と話している。/ ※季節のおいしい食卓SONO https://www.facebook.com/kisetsunosouzai/

 

2020年5月14日(木)

 

2020年5月13日(水)

 

2020年5月12日(火)

 

▼緑の林に輝く味覚 住田・タケノコ収穫最盛期 | 岩手日報 IWATE NIPPO https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/5/12/77878
▽「11日の県内は高気圧に覆われて晴れや曇りとなった。住田町世田米の農業佐藤啓一さん(82)宅の裏山では、タケノコの収穫が最盛期を迎えている。/ 陽光が差し込む竹林で、妻の加代子さん(79)と50本ほどを収穫した。今季は4月の気温が高く昨年と比べて10日ほど早く山の斜面に姿を見せ始めた。作業は6月上旬まで続き、約600本を収穫する予定。/ 加代子さんは「採れたタケノコはお煮しめや煮付けにしている。昨年より今年は柔らかくておいしい」とほほ笑んだ。/ 盛岡地方気象台によると、12日の県内は高気圧に覆われて晴れや曇りとなる見込み。夜は気圧の谷の影響で雨の降る所がありそうだ。」

 

2020年5月11日(月)

 

 

▽▽関連記事:2020年5月中旬