読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月中旬:住田町に関する記事

▽2017年(平成29年)4月中旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2017年4月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2017/04/21/000000
▼2017年4月上旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2017/04/01/000000

 

2017年4月20日(木)

 

2017年4月19日(水)

 

▼北田〔2017/04/19〕 https://www.facebook.com/permalink.php?id=100001447873044&story_fbid=1413338602057722
▽「昨晩の住田町講演会後にお邪魔させて頂いた、大村さん宅。木工職人で玩具、家具と作られておりますが敷地内には素敵なツリーハウスがありました〜 お手製鯉のぼりプロジェクトとして、子ども達と一緒に鯉のぼりを作るプログラムを思案中との事。これからワクワクする事が起きそうな予感」

 

▼狩野秀行さんはInstagramを利用しています:「今日は通院の為お休み。 ず~っと気になってたラーメン屋に行って来ました♪ あっさり味で結構イケる味でした♪ #ラーメン#住田町#味噌屋『麺太』#気仙味噌タンメン」 https://www.instagram.com/p/BTDSLkGAd1D7Is4IRYMY_xgpdMDjU5Np7vlRAY0/

 

2017年4月18日(火)

 

▼北田〔2017/04/18〕 https://www.facebook.com/permalink.php?id=100001447873044&story_fbid=1412357565489159
▽「桜が咲き始めた住田町にて、これから講演です」 ※役場町民ホール「住田町観光プラットフォーム」の横断幕写真あり。

 

2017年4月17日(月)

 

2017年4月16日(日)

 

2017年4月15日(土)

 

▼Web東海新報|住田町長選/7月18日告示、23日投票で日程決定〔2017年4月15日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/04/15/156204/
▽「■8年ぶり競争選へ/町議補選も/ 住田町選挙管理委員会(平勝太郎委員長、委員4人)は〔4月〕14日、役場で定例会を開き、任期満了に伴う町長選の日程を「7月18日(火)告示、7月23日(日)投票」と決めた。現在、会社役員と町議の新人2人が名乗りを上げており、8年ぶりに競争選挙となる公算。さらに町議は告示前に辞職する意向を示しており、町議補選も同じ日程で行われる流れが強まっている。」
▽「町長選は、8月4日(金)の任期満了に伴うもので、昭和30年〔1955年〕の町制施行以来17回目。これまでも、7月中旬から下旬に告示・投票となる選挙スケジュールが組まれてきた。/ 今選挙戦をめぐっては、4期目の多田欣一町長(71)=世田米=が、昨年の町議会12月定例会で勇退を表明。16年ぶりの新リーダー選出が確実となっている。/ 連続4期は、昭和30年からの町制下では最長。平成13年に無投票で初当選し、17年の無投票再選をはさみ、21年は町議を辞して臨んだ新人との一騎打ちを制した。25年の前回選は、無投票で4選を飾った。/ その後、昨年12月末に会社役員の神田謙一氏(58)=下有住=が立候補を表明。今月11日には、町議の水野英哉氏(61)=上有住=が後援組織の役員会で出馬の意志を示した。現段階では、8年ぶりに競争選となる見通しとなっている。/ 神田氏は、住田町農協での家畜診療所勤務などを経て、現在は住田フーズ㈱常務取締役を務める。水野氏は、町森林組合などに勤務したあと町議となり、現在5期目。4期目の23〜27年は議長に就いた。/ 現在、町議は定数と同じ12人。水野氏が辞職すれば欠員1となり、町長選と同時日程で町議補選が行われる。8年前の町議補選は1議席を争ったが、立候補者は1人で無投票だった。/ 選管による今後の計画をみると、6月下旬に立候補説明会を予定。ポスター掲示板設置準備や届出書類審査会などを経て、7月18日の告示日に午前8時30分から役場で立候補を受け付ける。/ 期日前投票は19日(水)〜22日(土)の4日間で、会場は役場内。投票時間は午前8時30分〜午後8時の見込み。/ 23日の投開票日は、昨年夏の参議院選挙と同じ17カ所に投票所を設ける。投票時間は午前7時〜午後6時。開票は世田米の社会体育館を会場とし、同7時30分から始める予定となっている。/ 選挙権年齢の18歳以上への引き下げに伴い、昨年の参議院選挙に続き、投票日までに誕生日を迎えた高校生も一票を行使できる。/ 住田町の高齢化率は40%台となり、人口は6000人を割った。平成27年度策定の人口ビジョンでは、出生率向上や社会増減ゼロを目指し、52年には約4000人の人口を目指すとしている。/ 今後も人口減は避けられない中、地域に根ざした生活を送る一人一人が住みやすさを実感できる環境をどうつくるか、選挙戦ではその将来像が問われる。自然資源を生かした産業振興や、交流人口拡大につながる住田らしい魅力づくりも求められる。/ また、前回町長選以降をみると、知事選、県議選(陸前高田選挙区)、町議選と国政以外の選挙は無投票が続く。政治分野の担い手不足も叫ばれる中、競争選の流れが町民の政治参画意識向上などにつながるかも注目される。/ 14日現在、同町の有権者数は5125人(男2493人、女2632人)。前回選告示前日(20歳以上)と比べ、259人少ない。」「▲ 町政を担う新リーダーを選ぶ日程が決定=住田町役場」「平成29年4月15日付 1面」

 

▼「KESEN ROCK FESTIVAL」第2弾にマキシマム ザ ホルモンMONOEYESら5組 (2017/04/15) 邦楽ニュース〔2017.04.15〕 | ロッキング・オンの音楽情報サイト RO69 http://ro69.jp/news/detail/159161

 

2017年4月14日(金)

 

▼Web東海新報|魅力ぎっしり洞くつカレー、滝観洞観光セで29日から提供/住田町(別写真あり)〔2017年04月14日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/04/14/156039/

 

2017年4月13日(木)

 

2017年4月12日(水)

 

▼住田町長選、8年ぶり選挙戦か/水野氏出馬の意向〔2017/04/12〕|岩手日報 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170412_6
▽「住田町議〔住田町議会議員〕の水野英哉氏(61)=同町上有住=は〔2017年〕8月4日の任期満了に伴う町長選に、無所属で立候補する意向を固めた。同町長選では会社役員神田謙一氏(58)=同町下有住=が出馬を表明しており、8年ぶりに選挙戦となる見通しだ。/ 水野氏は〔4月〕11日、自身の後援会役員会で出馬の意向を示した。岩手日報社の取材に対し「三陸木材高次加工協同組合と協同組合さんりくランバーの経営安定化が必要だ。農林業を力強く推進する」と語った。/ 政党への推薦要請は行わない。今月中〔4月中〕に記者会見を開き、正式表明する。/ (2017/04/12)」

 

▼Web東海新報里山の恵みへ 広がる赤い炎、下有住・蕨峠で山焼き/住田町(動画、別写真あり)〔2017年4月12日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/04/12/155840/

 

2017年4月11日(火)

 

 

▽▽関連記事:2017年4月中旬

▼本県3区の7市町、新2区に/衆院区割り審勧告〔2017/04/20〕|岩手日報 https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170420_1
▽「【東京支社】衆院選挙区画定審議会(区割り審、会長・小早川光郎成蹊大客員教授)は〔4月〕19日、小選挙区定数を「0増6減」して「1票の格差」を是正する区割り改定案を安倍晋三首相に勧告した。本県〔岩手県〕の小選挙区は4から3に減り、現3区を分割して現2区と現4区に統合。新たな2区には陸前高田市遠野市など7市町、新3区には一関市と平泉町が入る。政府は勧告内容を反映した公選法改正案の今国会成立を目指しており、与野党の候補者調整が本格化する。/ 勧告を受け首相は「内閣として直ちに国会に報告し、勧告に基づき速やかに必要な法制上の措置を講じる」と述べた。解散権は一定期間、事実上制約を受ける。/ 本県の新2区には現3区から大船渡市、遠野市陸前高田市釜石市住田町大槌町、山田町が編入される。滝沢市や県北、沿岸全域を含む広大なエリアで、面積は本州最大となる。新1区には現2区の旧玉山村が編入され、盛岡市域が二つの選挙区にまたがる状態が解消する。/ ・本県与党、現職4氏で3枠 衆院区割り審勧告〔2017/04/20〕 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?sen=20170420_1 / ・被災地に不安、旧玉山住民は歓迎 衆院新区割り案〔2017/04/20〕 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170420_7 / (2017/04/20)」

 

▼Web東海新報|住宅再建進み件数減少、大船渡地区の28年度中対応状況まとまる/県の被災者相談支援セ〔2017年4月19日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/04/19/156566/

 

▼Web東海新報|減少続ける気仙の児童生徒数、小学校新入生は4校が10人割る〔2017年04月13日〕 https://tohkaishimpo.com/2017/04/13/155930/

 

▼英語で手記/被災者の映画〔2017年04月11日〕 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20170411-OYTNT50010.html