2018年6月中旬:住田町に関する記事

▽2018年(平成30年)6月上旬の岩手県気仙郡住田町(すみたちょう)に関する記事クリップ。日付の降順。
▽「〔 〕」部分は補記。人名や電話番号などの一部に、念のためマスクを施した。機種依存文字(環境依存文字)はできるかぎり置き換えた。

▼2018年6月下旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2018/06/21/000000
▼2018年6月上旬:住田町に関する記事 - atimus's blog http://atimus.hatenablog.jp/entry/2018/06/01/000000

 

2018年6月20日(水)

 

▼Web東海新報|会場は農林会館前に、7月28日の夏まつり/住田〔2018年6月20日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/06/20/209791/

 

▼すみっこの部屋 - 投稿〔2018/06/20〕 https://www.facebook.com/sumita.character/posts/938674899627134
▽「今日は「民話の里から太平洋まで安全・安心107作戦」の任務遂行してきたべ! 遠野市のキャラクター カリンちゃん先輩と一緒に交通安全呼びかげできたども、オラみでゃあな化げ物が道路端さいで皆たまげだべな!(笑) オラ、妖怪の里でカリンちゃん先輩ど公務遂行出来で光栄だったべ! みんな、バビッ交通安全だゾ!」

 

▼すみっこの部屋 - 投稿〔2018/06/20〕 https://www.facebook.com/sumita.character/posts/936694946491796
▽「住田町上有住方面をぶらくらしてだら、ピンクの絨毯広がってる場所があったずの。近ぐさ行ってみだら赤とピンクのナデシコ花畑でね~が! もう花っこは終わりかげでだったども、合間に月見草も咲いててめんこかったずの。最初に一株植えだらば、十年位でだんだん広がって、こんなに大きな花畑さなったんだと。花っこもめんこがられで嬉すがったんだべな~。ちなみに、ナデシコ花言葉は「純粋な愛」「いつも愛して」だっつな。最近では毎年楽しみに見に来る人やケモノ達もいるんだそうだ。梅雨の前のお楽しみだなぁ。来年はもっちょごっと早い時期に見さきてみっかな。また来るべな~」

 

2018年6月19日(火)

 

▼Web東海新報|ウナギ 順調に育って、漁協が2年ぶり放流/気仙川〔2018年6月19日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/06/19/209525/

 

▼東北支援活動2018(2)初日は住田町〔2018-06-19〕 | 北海道 札幌 ピラティスで理想の自分を創る パーソナルトレーナー田中宏明のオフィシャルブログ https://ameblo.jp/1986goingmyway/entry-12384846530.html

 

2018年6月18日(月)

 

2018年6月17日(日)

 

▼taka104さんのツイート: "今日は、岩手県中総体ソフトテニス気仙地区予選団体戦でした。 結果は、男子は(1)大船渡一中、(2)高田東中、(3)高田一中、(4)大船渡中/ 女子は(1)大船渡一中、(2)有住中、(3)大船渡中、(4)高田一中。/ 以上が県大会です。 おめでとうございます♪  〔岩手〕県大会まで、あと一ヶ月、皆さん頑張っていきましょう! https://t.co/N7SahKD2rL" https://twitter.com/taka1043_a/status/1008289739772850181

 

2018年6月16日(土)

 

2018年6月15日(金)

 

▼Web東海新報|「川床」で絆を深めよう、熊本の子どもたちを〝招待〟/住田 https://tohkaishimpo.com/2018/06/15/209155/

 

▼クッブ杣遊(そまゆう)カップに本校の学生が参加しました。〔2018年06月15日〕 - 専修大学北上福祉教育専門学校 https://blog.goo.ne.jp/ktsblog/e/a19ff116a3a51b1a927b7bc46f7c9e86
専修大学北上福祉教育専門学校 - 投稿 https://www.facebook.com/permalink.php?id=639044649562203&story_fbid=1303621129771215

 

2018年6月14日(木)

 

▼Web東海新報|調停長期化の影響問う、4議員が登壇/住田町議会一般質問2日目 https://tohkaishimpo.com/2018/06/14/209003/

 

▼農家カフェ フライパンさんのツイート: "久しぶりにライブのお知らせです。 住田町を拠点に活動する DeerBear88 というグループが当店で陸前高田初ライブを行います 18:00 OPEN 19:00 START charge ¥1000(with 1drink) ※当日はライブ営業のため通常メニューはございませんのでご了承ください。 #岩手カフェ #陸前高田 #住田町 #deerbear88… https://t.co/g8vNwXLU1d" https://twitter.com/FRYINGPAN2014/status/1007081566332284928

▼農家カフェ フライパンさんのツイート: "住田町を拠点に活動するDeerBear88というグループ。ピアノ、津軽三味線、ドラムのトリオ編成で楽しい音楽を届けてくれるはず。音楽好きは必聴。型にはまらない、音楽の多様性を感じられると思います!" https://twitter.com/FRYINGPAN2014/status/1007081902891675649

 

2018年6月13日(水)

 

▼Web東海新報|木工2事業体債権回収「和解前に住民説明を」、調停の行方巡り一般質問で論戦/住田〔2018年6月13日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/06/13/208860/
▽「住田町議会6月定例会は〔6月〕12日に開会し、会期を15日(金)までの4日間と決め、荻原勝瀧本正德佐々木信一村上薫(いずれも無所属)の4議員による一般質問が行われた。世田米で木工団地を形成する三陸木材高次加工協同組合(三木)と協同組合さんりくランバー(ランバー)に対する総額10億円超の貸付金残金回収の動きに関して、〔住田町〕当局はこれまで5回調停に臨んだものの、和解に至っていない現状を説明。引き続き調停による和解を目指し、和解前には議員と協議を重ね、住民説明も行いたい意向を示した。」
▽「■町議会6月定例会開会/ 両事業体は、平成19年〔2007年〕に経営危機が判明。町から約7億9000万円の公金融資を受けて再建を進め、26年度〔2014年度〕から年度当たり約3100万円を町へ償還する計画だった。しかし、支払期日を迎えても、定められた額の償還ができない状況が続いていた。/ 調停とは、裁判所の調停委員が間に入り、協議によって適正・妥当な解決を図る制度。双方が納得がいく解決を目指し、和解・合意すると裁判判決と同じ効果がある。/ 調停を巡る関連議案は、神田謙一町長就任前の昨年〔2017年〕7月11日に開かれた臨時議会に提案され、賛成多数で可決。これを受け、町は同11月下旬に大船渡簡易裁判所調停申し立てを行った。」
▽「村上〔薫〕議員は、その後の進ちょく状況を質問。神田町長は、1~5月に計5回の調停があったと答弁。当初、申し立ての相手は両事業体と連帯保証人の25個人・団体だったが、相続放棄などを受けて現在は計16個人・団体を対象に進めている現状を明らかにした。/ 詳細に関しては「守秘義務があり、お話しできない」と答弁。そのうえで「早期に和解できる内容に進めていきたいと考えており、和解前には議員と協議し、町民にも説明したい」と語った。/ 再質問で村上〔薫〕議員は、〔住田町議会〕臨時会議決から11カ月が経過しても合意に至らない理由を追及。横澤孝副町長は「私の考えではあるが、調停の相手が16人で、それぞれに思惑や考えがあり、なかなかまとまっていないのでは」と述べた。さらに「全額債権回収が基本だが、調停によって金額が提示される。議員の皆さんとも受け入れの可否を今後協議したい」とも答弁した。/ 同議員は「当初の町側の見通し、判断が誤っていたのでは」と指摘。答弁に立った横澤副町長は「調停申し立てにあたっては、顧問弁護士とともに連帯保証人や議員にも説明を行った。判断の誤りはなかった」と否定した。/ さらに同議員は、三木が29年度決算で4年ぶりに黒字計上したことにもふれ、「事業体からの返済を優先させるべきでは」と追及。これに対して横澤副町長は「経営内容をみるとキャッシュフローがなく、現段階では債権の回収は厳しいとみている」と述べた。」
▽「トップ登壇の荻原議員は、町が27年度末に策定した人口ビジョン〔人口ビジョン・総合戦略・総合計画〕などの目標管理を質問。「『2040年の目標4000人』に対するこれまでの成果、進ちょくは」と迫った。/ 神田町長は達成に向けた「社会増減ゼロ」に関し、28年度は9人増の一方、29年度は74人減だったと説明。移住者は年間9組30人、出生数は31人を掲げているがともに実績は下回っているとし、「計画期間の31年度までの達成は困難な状況」と厳しさを示した。」
▽「林業関連施策の推進を取り上げたのは瀧本〔正德〕議員。町が掲げるスローガン「森林・林業日本一のまちづくりを目指す」は、林業振興だけでなく全般で前面に出すべきと提案し、見解を求めた。/ スローガンについて神田町長は、15年〔2003年〕3月に策定した住田町総合発展計画後期基本計画で初めて掲げられたと説明。地域づくりや自立・持続を目指したプロジェクトの一つとして、さまざまな施策を進めてきたと振り返った。そのうえで「本年度統一した職員の名刺にも使用しており、まちづくり全般で打ち出すべき一つととらえている」と、今後も積極的に掲げる姿勢を示した。」
▽「佐々木〔信一〕議員は、気仙川に架かる昭和橋架け替えの見通しを尋ねた。当局側は、7~8月をめどに景観検討委員会が設置され、不確定要素はあるものの完成予定年度は34~36年度が目標との認識を示した。/ 架け替え場所について山田研建設課長は、現ルートも含め複数案があり、幅員に関しても歩道付きなど多くの選択肢があると説明。委員会の構成は10人弱になるよう調整しているといい「橋のコンセプトや全体の構造、付属物のあり方などを段階的に詰めるとともに、協議の透明化も図っていきたい」と答えた。/ 今定例会の日程次の通り。/ ▽〔6月〕13日=本会議(一般質問) ▽14日=休会 ▽15日=本会議(議案審議など)」「▲ 町政課題を巡り論戦が交わされた一般質問=住田町議会」「平成30年6月13日付 1面」

▽参考:
▼人口ビジョン・総合戦略・総合計画 | 住田町 http://www.town.sumita.iwate.jp/docs/2015120300013/

 

2018年6月12日(火)

 

▼Web東海新報|速さと正確さ競い合う、気仙3市町で操法競技会(別写真あり)〔2018年6月12日〕 https://tohkaishimpo.com/2018/06/12/208620/
▽「■上位チームは支部大会へ/ 消防団員の技術向上と士気高揚を図る平成30年度消防操法競技会は10日、気仙3市町でそれぞれ開かれ、選手らが手びろめによる二重巻きホースの2線延長を行うポンプ車の部や、1線延長の小型ポンプの部で速さや正確さを競い合った。各競技会の上位チームは、7月8日(日)に住田町世田米の大船渡消防署住田分署で開かれる気仙支部大会に出場する。/ 〔※略〕」
▽「■17チームが新分署で技術発揮/住田/ 住田町消防団(泉田義昭団長)の第25回消防操法競技会は、世田米の大船渡消防署住田分署駐車場で開かれた。ポンプ車では5分団2部(上有住恵山)が連覇を飾り、小型ポンプでは1分団3部(世田米中沢)が32年ぶりの優勝。両部に小型ポンプ準優勝の5分団1部(上有住両向)を加えた3チームが、地元開催の支部大会に進む。/ 同町の競技会は、支部大会がある年に合わせ隔年開催。今年4月から本格供用が始まった分署駐車場が初めて会場となり、ポンプ車の部に5チーム、小型ポンプの部に12チームが出場した。/ この日は曇り空に覆われて気温が上がらず、肌寒い一日に。それでもポンプ車、小型ポンプの順で各選手が日ごろの活動でつちかった消防技術の高さを発揮し、会場は熱気に包まれた。/ 終了後は、町婦人消防協力隊が軽可搬ポンプ操法を披露。閉会式では支部大会に出場する各部の表彰に加え、全体の中から動きが光った各番員一人ずつに団長賞が贈られた。/ 小型ポンプを制した1分団3部の指揮者・菅野聡さん(42)は「今回の会場は火点に向かって下りの傾斜があり、やりやすい部分もあったが、往復して走る選手はたいへん。支部大会は、チャレンジャーとして頑張りたい」と話していた。/ 支部大会出場チームと団長賞受賞者次の通り。/ 【支部大会出場チーム】 ▽ポンプ車=5分団2部(指揮者・水野光、1番員・佐藤孝之、2番員・佐々木竜馬、3番員・小野勇登、4番員・佐々木毅、補欠・佐々木颯)/ ▽小型ポンプ=1分団3部(指揮者・菅野聡、1番員・松田誉至、2番員・佐藤大介、3番員・菅野甲設、補欠・松田健英)5分団1部(指揮者・水野司悦、1番員・水野勝文、2番員・水野孝洋、3番員・水野正勝、補欠・水野充)/ 【団長賞】 ▽ポンプ車=皆川雄揮(6分団1部)菅村強(1分団4部)佐々木竜馬(5分団2部)山内哲(2分団1部)佐藤大地(4分団3部)/ ▽小型ポンプ=水野司悦(5分団1部)佐々木康裕(2分団2部)佐藤大介(1分団3部)菊池信昭(同2部)」「〔写真:〕今年完成した住田分署を背に操法技術を披露=世田米」「平成30年6月12日付 7面」

 

2018年6月11日(月)

 

▼木と生きている住田町〜まち家世田米駅へ〔2018-06-11〕 | 月の魔法!吉祥寺で日本の美味しいもの、楽しい邪道料理提案中♪日本の四季を楽しもう! トミタセツ子の Kitchen https://ameblo.jp/kooskitchen/entry-12383045385.html

 

▼7月21日実施 三陸鉄道,「前田千香子×すみたkerasseランチ列車」の参加者募集|鉄道イベント|2018年06月11日掲載|鉄道ファン・railf.jp https://railf.jp/event/2018/06/11/151500.html
▽「三陸鉄道では,「いわて三陸復興 絆 観光キャンペーン」の一環として2018(平成30)年7月21日(土)に運行する,ランチ&スイーツのコラボ列車「前田千香子×すみたkerasseランチ列車」への参加者を,6月25日(月)から募集します(先着順)./ この列車は,「焙茶工房しゃおしゃん」の前田千香子さんによる気仙茶や中国茶と,地元の食材にこだわった料理を提供する住田町の「kerasse(ケラッセ)」のコラボレーションで実現するものです./ ○実施日 2018(平成30)年7月21日(土)※日帰り/ 募集人員 40名/ 参加費 2000円 ※小人同額/ 運行区間 盛駅12:00発→釜石駅→盛駅14:10着/ 内容 ●お茶 ・気仙の緑茶しゃおしゃん謹製 ・雲南黒プーアールのアレンジティー ・国産紅茶のフレーバーティー/ ●山里の幸ランチボックス ・岩手牛のサーロインステーキ ・ありすポークの八木澤もろみ漬けロースト ・住田ひとめぼれの雲南プーアル・スシロール ・住田夏野菜のスパニッシュオムレツ ・住田夏野菜のサラダ ・ケセンのスイーツ盛り合わせ/ 予約開始日 2018(平成30)年6月25日(月)/ 予約先 三陸鉄道 盛駅/ 電話:0192-27-1504(9時~18時)/ ご案内 三陸鉄道WEBサイト http://www.sanrikutetsudou.com/

▽参考:
三陸鉄道 http://www.sanrikutetsudou.com/
▼すみたのだいどころ kerasse (ケラッセ) - 陸前高田/バル・バール [食べログ] https://tabelog.com/iwate/A0304/A030403/3009169/

 

▼東北絆まつり☆番外編〔2018/6/11〕 ( 岩手県 ) - greenの窓 https://blogs.yahoo.co.jp/greenk2011/15767830.html
▽「前記事の続きです/ */ パレードの後再び〔「東北絆まつり」の〕メイン会場にもどりました。ステージでは様々なイベント、郷土舞踊などが行われた模様です♪ 高瀬鹿踊 <住田町>/ 〔※略〕」

 

 

▽▽関連記事:2018年6月中旬

岩手県 - 「がんばろう!岩手」意見交換会(平成30年5月15日 大船渡地区)〔2018年6月11日〕 http://www.pref.iwate.jp/kouchoukouhou/kondan/kondan/065528.html
▽「■「がんばろう!岩手」意見交換会(平成30年5月15日 大船渡地区)/ 日時:平成30年5月15日(火曜日)10時30分から11時50分まで/ 場所:陸前高田市コミュニティホール 2階 中会議室/ 出席者(敬称略): ・参加者(敬称略) 黄川田 美和(特定非営利活動法人 陸前高田まちづくり協働センター 理事)/ 熊谷 侑希(特定非営利活動法人 さんりくWELLNESS 健康運動指導士)/ 畠山 朋也(住田町社会福祉協議会 生活支援相談員)/ 松本 崇史(陸前高田市社会福祉協議会 生活支援相談員)/ 鈴木 軍平(特定非営利活動法人居場所創造プロジェクト 代表理事)/ ・県側 知事、沿岸広域振興局副局長、秘書広報室長/ ■開会/ 〔※略〕」

 

岩手県 - 応急仮設住宅の供与期間の延長について〔2018年6月19日〕 http://www.pref.iwate.jp/saiken/sumai/038448.html